ビジネス

無自覚ハラスメント 部下が発する「最後の警告」を見逃すな

働き方は多様化している

 コミュニケーションの難しさが増している、そう感じる大人も少なくないのではないか。ハラスメントの加害者となることは誰だって避けたい。大人力について研究するコラムニストの石原壮一郎氏が分析した。

 * * *
 人間は、とくに「おっさん」に分類される年代の男性は、つくづく悲しい存在です。世間でこれだけ「セクハラ」や「パワハラ」が批判されているのに、染みついた考え方を変えるのが苦手なのか、頭の中をなかなかアップデートできません。もちろん、人のことはぜんぜん言えないんですけど……。

 毎日のように流れてくるハラスメント関連のニュースを見ると、客観的には「今時そんなことを!」と驚かされます。しかし、おそらく当事者は「このぐらいは許されるだろう」「俺は部下に慕われているから大丈夫」などと、自分に都合のいい解釈をしていたのではないでしょうか。そんな自覚のなさが、大きな墓穴を呼び寄せてしまいます。

 仮にあなたがアウトな発言をしても、部下や取引先が「失礼ですよ!」「なんてこと言うんですか!」と明確に非難することはまずありません。そもそも、そんな親切なことをしてくれる義理もありません。多くの場合は黙ってスルーして、ひそかに怒りや恨みや軽蔑を溜め込むだけです。

 しかし、あまりにも悪質な場合は、こらえ切れなくて遠回りにたしなめてくれることもあるでしょう。それは多くの場合、あなたに見切りを付ける前に発せられる「最後の警告」。意を決した抗議に気づかずに同じことを繰り返したら、しかるべきところに報告されて大問題になるなど、取り返しのつかない事態を招きます。

 部下など立場の弱い相手は、どんな言い方で「最後の警告」を発してくれるのか。無自覚ハラスメントをやっているかもしれない昭和脳のおっさんとしては、我が身を振り返るギリギリのチャンスを逃さないために、「表面上はソフトだけど深い怒りが込められている最後の警告」の代表的な例をチェックしておきましょう。

【セクハラ発言に対する最後の警告】

「そういうことをおっしゃる方だとは思いませんでした」
「ニコニコしていても許しているとは限りませんよ」
「言う相手を間違えたら大問題になりそうですね」
「言っても大丈夫そうな相手を選んでますよね」
「(笑顔で)それってセクハラですよー」

【パワハラ発言に対する最後の警告】
「おっしゃっている意味がよくわからないのですが」
「今のお言葉はかなりダメージが大きかったです」
「私の飲み込みが悪いせいでイライラさせてすみません」
「もっと打たれ強くなるにはどうすればいいんでしょう」
「おっと、今のはファウルラインぎりぎりですね」

【ハラスメント発言&差別発言に対する最後の警告】
「聞こえなかったことにしておきます」
「Twitterに書いたら5秒で炎上しそうですね」
「○○さんらしからぬお言葉で驚きました」
「令和の今となってはギョッとする発言ですね」
「うーん、それはコンプライアンス的にどうなんでしょう」

関連記事

トピックス

デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
海賊版サイト「漫画村」に無断掲載され、約19億円の損害賠償の対象となった漫画作品(時事通信フォト)
漫画の海賊版被害 深刻なダメージを受けているのは有名作品だけではない
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン