国内

新しい旅行様式は「ずらし」がポイント 移動手段も食事も

秋の行楽シーズンはこれからが本番。「ずらし」で新しい発見を(イメージ)

 10月1日から「東京除外」が解除されることで、いよいよGo Toトラベルキャンペーンが本格的に始まる。秋の行楽シーズン本番を迎え、キャンペーンの盛り上がりが期待されるが、旅行者にとっては“感染リスクが気になる”という人もいるだろう。何をどう対策すれば、安心して旅行が楽しめるのだろうか。

 これまでも、星野リゾート代表の星野佳路氏が提唱した「マイクロツーリズム」という考え方により、同じ都道府県内や隣県への小旅行をする人は少なくなかった。今後は、こうした近隣旅に加えて、新幹線や飛行機などを利用した遠方への旅行需要の復活が期待されている。

 実際、9月の4連休では全国の人気観光スポットに人が押し寄せ、その混雑ぶりが報じられた。多くの人は“旅をしたい”と思っている証拠だろう。旅行ジャーナリストの村田和子氏は、今こそ遠出の旅行もチャンスだという。

「訪日観光客がいない今、旅は信じられないほどリーズナブル。たとえば『ひさびさ旅割引』(JR東海ツアーズ)の場合、東京発着で新幹線を利用し、大阪で1泊のツアーは2万円を切っています。さらにGo Toトラベルを適用すれば、ここから実質半額となり(10月からの地域共通クーポン還元含む)、関西への1泊旅行が1万円かからない。通常は新幹線の片道だけで約1万4千円ですから破格です。遠出も気軽にできるので、念願だった場所へ出かけるチャンスです」(村田氏)

 新幹線だけではなく、飛行機やバスを使った旅もお得なプライスになっているのが現状だ。村田氏がこの秋冬の旅行を勧めるのは、価格の安さだけが理由ではない。

「私自身、夏に埼玉の秩父や京都、北海道を旅行しましたが、それらを通じて“旅の力”を再確認しました。旅は人の心を豊かにし、日常の元気をくれます。旅の経験を通じて『次はこうしたい』『こんなことに挑戦しよう』など意識が自然と未来を向くのも、旅のもつ大きな力だと思います。自粛続きで、その感覚を忘れてしまっている人が多いのではないでしょうか」(村田氏)

 そんな“旅の力”を再認識するために、これから実践したい新しい旅行様式を見ていこう。

今こそ遠出のチャンス。往復交通費や宿泊代などが含まれるパッケージツアーにはお得なプランも(時事通信フォト)

移動手段そのものでは感染リスクは低い

 最近、JR東海が「ずらし旅」という概念を提唱し話題になっている。旅をする時期や場所、旅先での行動を“定番”からずらすことで「3密(密接、密集、密閉)」を避け、かつ旅の新しい楽しみを発見しよう、というコンセプトだ。

 この間、旅行業界だけでなく、日常のあらゆる場面で「人との接触を減らして3密を回避する」感染対策が取り組まれている。米国立研究機関の博士研究員でウイルス学・免疫学が専門の峰宗太郎医師が解説する。

「まず、大原則を確認しましょう。新型コロナウイルス感染症は、感染者の呼吸器から排出されたウイルスが飛沫あるいは接触により体内に入ることで感染します。対策の原理原則は、その感染経路を把握し、ウイルスを遮断したり消毒したりすることです。人との接触を避ければ感染経路を考えなくて済み、逆に、不特定多数の人との接触の分だけ、感染者がいる可能性が増えることになります。

 では、旅行ではどう対策すればいいか。まず気をつけるべきは、3密のどれかに当たる状況を避けることです。鉄道などの車内では、マスクをして静かに過ごすことが大事です。気分が盛り上がり、お酒を飲みながらマスクを外して大声で話したりすると、感染経路が存在するリスクが高まります。ただ、そうした大騒ぎをしなければ、移動手段そのものによる感染リスクは高くないといえます。

 旅行中の感染リスクは、宿泊先での飲食やアクティビティ、混雑する場面にあると言えますが、現在は各所で3密を避ける対策を実施しているので、そうした状況は多くは生じないでしょう。屋外で人との距離を保っていれば、感染リスクは高くありません。

 一方、ビュッフェや宴会では会話が弾んで食事やお酒で盛り上がり、3密のいずれかの状況が生じる恐れがあります。各事業者においてはあらかじめ3密を避けるような工夫を行い、それでも一時的に3密のどれかが生じた場合は、旅行者が個人としてこれを避ける行動をとって欲しいと思います」(峰医師)

関連キーワード

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン