芸能

山口達也、1年前まで断酒 その後は周囲に「不安だ」と相談

再合流はあるのか

女性セブンの直撃に答える山口。体は引き締まっていた(2019年8月)

 異例の深夜のガサ入れに「薬物疑惑」まで囁かれた。9月22日、元TOKIOの山口達也(48才)が酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕され、24日には自宅マンションの家宅捜索が行われた。

「酒気帯び運転と物損事故でガサ入れは聞いたことがありません。だから“薬物か”という憶測さえ流れましたが、家賃8万円程度のワンルームマンションからは封のあいた1.8リットルの紙パックの麦焼酎が出てきただけ。事件を大きくして見せしめにしたい検察の横暴さと、元アイドルの寂しい実生活が明らかになったという、誰も得をしない結果となりました」(テレビ局関係者)

 2018年4月、酒に酔って女子高生に強制わいせつを行い、書類送検(起訴猶予)されたことで所属事務所との契約を解除された山口は、その人生を酒で狂わせた。アルコール依存症とまで報じられ、昨年夏、本誌女性セブンの独占取材に答えた山口は、「断酒生活をしています。治療によってだいぶ改善されました」と明るく話していたが、酒を断つことはできなかったようだ。

 だが、「今回の件は許されないことですが、彼がこの2年間、何の反省もしていなかった、と捉えられるのはつらい」と話すのは山口の知人だ。

「医療機関で治療を受け、少なくとも1年ほど前までは確実に断酒に成功していたはず。ただ、今年に入って徐々に様子がおかしくなっていったように思う。彼が連絡できる人は限られていますが、その人たちに“不安だ”“呼吸ができなくなる”と相談していたんです」

 TOKIO脱退後の山口は、兄夫婦の近所に引っ越し、サポートを受けながら暮らしてきた。取材では「たまにお寺で掃除や写経をさせてもらい自分を見つめ直している」と語っていたが、実際の生活は息が詰まるものだったという。

「お寺の作業は先方の都合もありますから数か月に1度。通院も3か月に1度カウンセリングのようなものを受ける程度でした。それ以外は家の中に缶詰め状態。当初はスーパーに行き自炊もしていたけれど、やがて人の目が気になり宅配で済ませるように。兄夫婦や友人たちにも“おれと会うと迷惑だろう”と、電話やLINEでしか連絡をとらないようになっていたようです。

 彼は芸能界でも屈指のサーファーですが、“いまは反省の日々だから”と退所してから一度も海に入っていない。人と会わず趣味もない“引きこもり生活”だったのです」(前出・山口の知人)

関連記事

トピックス

綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
フィリピンのマニラ首都圏にあるビクタン収容所(AFP=時事)
【ルフィ強盗事件】賄賂が横行するフィリピン 入管も警察も金次第でどうにでもなる実態
NEWSポストセブン
家康の正室・瀬名(有村架純)
大河ドラマ『どうする家康』 “ヘタレの家康”を取り巻く13人の女たち相関図
週刊ポスト
中居
完全復帰の中居正広が支持される理由 素晴らしい人柄とプロデュース力
女性セブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
女性セブン