芸能

完売画家・中島健太 キャバクラで生活費を稼いでいた過去

『完売画家』として注目を集める中島健太さん

 大学3年生で画家デビューを果たして以来、15年。“完売画家”と呼ばれ、コメンテーターを務めた『グッとラック!』(TBS系)では、司会の立川志らくや共演者の厚切りジェイソンなどと意見を戦わせてきた中島健太さん(35才)。絵画の才能を持っているだけでなく、言葉も巧みだ。

 そんな中島さんだが、意外なことに学生時代はスポーツマンだったという。

「体育会系だったんです。中学時代は、バスケットボール部。高校ではアメリカンフットボールのラインバッカーというディフェンスの要で、花形のクオーターバックを潰しに行くポジションです。車を運転すると性格が変わる人がいるように、防具をつけると人が変わるんです」(中島さん・以下同)

 と、ニヤリと笑う茶目っけもある。リーダーシップもあるのだろう。バスケット部でもアメフト部でもキャプテンを務めた。

「でも、6年間キャプテンをやってみて、チームスポーツに向いてないとわかったんです。チームスポーツは、士気が上がったときのエネルギーはものすごい。でも、リーダーはそのモチベーションを引っ張っていかなければならない。できているときはいいけれど、うまくいかないと自分のパフォーマンスが落ちていく。それに振り回される。結局、自分ひとりで何かをやる方がパフォーマンスを発揮できると気づいたんです」

 画家になったのは、チームプレーをはじめ、いろんなことが不得意な人間だったからだという。唯一、絵を描くことだけは上手にできたからとも。

「画家というと、芸術的感性と才能がある人、というイメージですが、ぼくの場合は、絵が好きでずっと描いていたら画家になっただけ。高校生のときから、まともな一般的な社会人として生きていけないという自覚はありました。朝寝坊もするし、時間にルーズだし、人間関係も得意じゃないし、自我も強い。高校時代はコンビニとかファミレスとかのバイトなどもしましたが、ロクに続かなかった。

 もし会社員になっていたら、嫌な上司がいるとか言って、すぐに辞めてしまっただろうと思います。人前に出るときにベストやスーツを着て、ちゃんとした人間になろうとするのは、自分はすごく未完成で不完全な人間だと思っているからです」

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン