芸能

高橋真麻爆食列伝、おやつに868kcalや「カレーは飲み物」発言

真似できない豪快な食べっぷりを披露してきた高橋真麻

 10月9日に初の著書『ネガティブだった私が見つけた、毎日ポジティブに過ごす秘訣』(宝島社)を発売した高橋真麻。同書では、かつてネガティブだった高橋がいかにしてポジティブになるかの思考などをまとめた。

 高橋については、「その食べっぷりもポジティブに繋がっているのでは」と語るのは、長年高橋のブログをウオッチし続けているネットニュース編集者の中川淳一郎氏。

「とにかく食べることを楽しんでいる様がプンプンと漂ってくる。多くの芸能人ブログを見ていますが、高橋さんの食いっぷりは大したものです。元横綱・若乃花の花田虎上さんも食事を日々掲載していますが、アスリート向けの高蛋白質・低糖質の料理が並び、節制している感がある。しかし、高橋さんはラーメン焼肉、スイーツ、フルコースなど何でももってこい。その清々しい食いっぷりもブログ人気の一因です」(中川氏)

 4月30日には「じゃがりこ サラダ」「カップヌードル(醤油)」「森永の焼プリン」の3つの写真を公開。

「ある日のおやつ。この3つで868キロカロリーだった こってりラーメン大盛りを食べられるじゃない!!と思ったけれど ラーメンを一杯食べるか、カップ麺を食べて、ぼりぼりじゃがりこを食べて、最後にプリンで〆るか…どっちも どっちの良さがありますよね…(笑)」

 このように、おやつであってもボリューミーな食事をしていた。そんな高橋だが、10月9日には30代最後の誕生日を迎え食欲に変化があったことを明かしている。

「自分の欲…食欲、物欲が無くなっていることに驚くわけです。特に食欲に関してはゼロ次会だの、〆のラーメンをしていた頃が懐かしい…レストランでコースを食べても足りなくておかわりしたり、アラカルトで追加したりしていたのに 食べられる量が減ったのはちょっと寂しかったりもします」

 とはいっても、これまでに食べてきた量はハンパない。これまで7年半の間に5267回ブログを更新してきたが、食べ物の登場回数は多い。以下、食べ物関連の言葉が同ブログに出る回数だ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
所属部署ではアソシエイト
ゆとりある働き方を実践する小室圭さん 所属する法律事務所が生成AIを使ったサービス導入で仕事を奪われる可能性浮上
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン