• TOP
  • 芸能
  • 映画『望み』舞台挨拶 木槌を手ににっこり微笑む石田ゆり子

芸能

2020.10.18 16:00  NEWSポストセブン

映画『望み』舞台挨拶 木槌を手ににっこり微笑む石田ゆり子

木槌を手にしてにっこり

木槌を手にしてにっこり

 映画『望み』(公開中)の初日舞台挨拶が10月9日に開催され、主演の堤真一、共演の石田ゆり子、岡田健史、堤幸彦監督が登壇した。

 高校生の息子が姿を消したその日、息子の友人が殺害される。事件には3人の少年が関わり、もう1人殺されたという噂が広まる。息子は殺人者なのか、被害者なのか──。

 幸福から一変、事件に巻き込まれる家族が描かれるこの作品。父親役の堤は、「初めましての状態で恋人や家族を演じるのは苦手なので(撮影前に)一度お会いしたいとお願いしました」、「岡田くんには普通のおっさんだと思わせる方がいいと思ってくだらない話ばかりしました」と撮影の“裏話”を披露。息子役の岡田は「親父とおふくろを見ているような感じでした」と“家族”の絆を見せつけた。

撮影/平野哲郎

関連記事

トピックス