• TOP
  • 国際情報
  • まさかの飛び火!? トランプが「日本に復讐」の仰天証言

国際情報

2020.11.06 07:00  NEWSポストセブン

まさかの飛び火!? トランプが「日本に復讐」の仰天証言

マンハッタンは暴動に備えて厳戒態勢(時事)

マンハッタンは暴動に備えて厳戒態勢(時事)

 これも少し意外だった。ウォール・ストリートで上位5%に入る運用実績を誇る男だけに経済の行方を気にしていると思ったが、案に相違して社会の争乱を第一に心配していたからだ。これに対しては、筆者が「バイデン政権となれば、予備選を争ったサンダース上院議員のような左派からも重要ポストに就ける必要があるだろう。民主党が予備選で最後はバイデン氏に一本化したのは、左派を取り込む条件があったからだと推測される。政権全体を見れば、バイデン氏よりもっと左寄りの勢力が一定の力を持つことになる」と、M氏の懸念を先回りして指摘すると、最後は溜息まじりにバイデン氏に同情さえ見せた。

「彼の立場にはなりたくないものだ。政治家でもビジネスマンでも、自分のしたいことができない立場になるなら、引退するしかない」

 さて、M氏が肩を落とす通り、アメリカは今後、様々な試練を乗り越えなければならない。トランプ氏は、簡単には選挙の敗北を認めないだろう。来年1月に任期が切れるまで、法廷闘争を含めてありとあらゆる抵抗を続けるはずだ。日本をはじめ同盟諸国も対岸の火事を見物していることはできない。アメリカの報道などでは、トランプ氏は今後、様々なテーマで諸外国に圧力をかけ、国を混乱状態に陥れると指摘されているのである。仮想敵を拡大してカオスを生じさせる、いわば自爆テロ戦略である。それにより、仮にホワイトハウスを去ったとしても、自分の影響力を残そうとするだろうというわけだ。2024年に再びホワイトハウスを目指すという観測もある。

 ある大企業の元社長で、今はヘッジファンドを経営するA氏は、トランプ氏の極めて親しい友人として知られる。筆者とは、マンハッタンのレストランでよく政治談議をする仲である。トランプ氏が選挙で負けても日本を攻撃することがあるのだろうか。確かめなければならないので電話してみた。彼は、憎悪に燃えたトランプ氏は要注意だと示唆した。

「バイデンに対する復讐はするだろう。共和党にも圧力をかけ、徹底的に抵抗させる。彼は、いったん自分の敵だとみると、とことん戦い続ける性格だ。トランプ氏は、日本がもっと防衛費を使い、アメリカの負担を減らして自ら軍備を増強すべきだと考えている」

 これまでの仮想敵は、民主党や中国、EUだったが、「みんな敵だ」という心理状態になれば、日本を含めて四方八方に刃を向ける可能性があるということか。菅義偉・首相は、少なくともあと2か月はアメリカ大統領の座にあるトランプ氏と、まず「お友達」になっておく必要があるかもしれない。

関連記事

トピックス