• TOP
  • ビジネス
  • 寺田和正氏がサマンサ新事業発進「プライド持てる仕事作る」

ビジネス

2020.11.06 16:00  NEWSポストセブン

寺田和正氏がサマンサ新事業発進「プライド持てる仕事作る」

サステナビリティや業界全体のことまで思慮する寺田和正社長

サステナビリティや業界全体のことまで思慮する寺田和正社長

 バッグなどを中心に女性向けアパレルを展開するサマンサタバサ──その創業者である寺田和正氏(54)が新たな挑戦を加速させている。10月28日には東京の空の玄関口である羽田空港第2ターミナルに実店舗「サマンサタバサ グローバル アイランド」をオープンさせ、キックオフ発表会にはゲストとしてタレントの紗栄子(33)も登場。寺田氏が今年設立した新会社・サマンサグローバルブランディングアンドリサーチインスティチュート(以下、サマンサグローバル)の、事業展開の象徴となった。

 レトロなキッチンカー風で目を引く店舗では、栃木県の人気スイーツ「バターのいとこ 塩キャラメル」(サマンサタバサ限定フレーバー)やジャージー牛の牛乳で作る「森林ノ牧場 ソフトクリーム」などを販売。商品に使う牛乳は自然の中で放牧している牛から搾ったもので、さらに「バターのいとこ」はバター製造の際に生まれ廃棄されることも多いスキムミルク(無脂肪乳)を活用した製品。サマンサグローバルはそれらの販売等を行うことで、「持続可能性(サステナビリティ)」を達成する事業にしている。

 寺田氏が語る。

「スキムミルクの廃棄を減らしたり、自然環境への配慮する酪農を行うことは、『サステナビリティ』が求められる今の社会に必要なことです。そうした『真実』を実現していく人々と協業し、ともに成長していく企業にしていきたいと考えています」

 サステナビリティに関しては、農林水産省も今年4月に、牛乳の廃棄を減らすという目標の下に「プラスワンプロジェクト」を始動するなど、現在の第一次産業に欠かせない要素となってきている。そうした事業を、寺田社長は「1つは“みんなのため”という『ソーシャルグッド』、そして『サステナビリティ』、そして、“挑戦を続ける”という『スタートアップ』をしっかりやっていきたい」(会見にて)という3つの「スピリッツ」で実現していく方針だ。

関連記事

トピックス