スポーツ

休場続く白鵬と鶴竜 すぐに引退できない国籍&年寄株問題

鶴竜は直近の7場所で6回休場しているが…(時事通信フォト)

鶴竜は途中休場も含め直近の7場所で6回休場しているが…(時事通信フォト)

 大相撲において横綱の地位は重い。降格がないため、“弱くなったら自ら辞めなければいけない”からだ。だが、日本相撲協会も師匠の親方も強く言えずにいる。そして、「横綱審議委員会」も責任を果たしていない──。

 しかし白鵬と鶴竜、現在の両横綱はどうか。11月場所も揃って初日から休場し、途中休場を含めて白鵬が最近7場所で5回、鶴竜は7場所で6回目の休場だ。

「過去には7場所連続全休の貴乃花や8場所連続休場の稀勢の里(現・荒磯親方)の例もあるが、この2人は同じ部位のケガに長く苦しんだ。それに対し、鶴竜は左膝、腰、右肘など“ケガのデパート”と揶揄されるほど休場の理由が毎回違う。“皆勤なら優勝”のイメージの白鵬も、負けが込むとすぐに途中休場。覚悟を持って休んでいるとは思えない」(ベテラン記者)

 引退後への思惑もある。鶴竜は師匠の井筒親方(元関脇・逆鉾)が昨年亡くなり、「井筒」を襲名する予定とされるが、帰化の手続きが進まない。

「このまま引退だと、日本国籍がないので協会に残れない。だから時間が必要。逆に白鵬は日本国籍を取ったが、年寄株がない。元横綱は株がなくても5年間は協会に残れるが、格好がつかないのだろう」(若手親方)

 親方衆も弱腰だ。白鵬の師匠である宮城野親方(元幕内・竹葉山)は場所前に「来場所に進退をかけて頑張るしかない」と言及したが、翌日に「本意ではなく軽率だった」と撤回する騒ぎになった。

「白鵬の逆鱗に触れたのでしょう。協会側からも“親方とはいえ幕内在位2場所の者が軽々に横綱の進退を語るな”と叱られたようです」(担当記者)

※週刊ポスト2020年11月27日・12月4日号

白鵬も休場が続いた(時事通信フォト)

白鵬も休場が続いた(時事通信フォト)

関連キーワード

関連記事

トピックス

身振りを交え、目尻を下げながら話す三浦貴大
百恵さん次男・三浦貴大が水卜アナ似30代女性と熱愛 そば店&カラオケデートのあと彼女のワンルームへ
女性セブン
神田正輝を目撃
神田正輝の個人事務所が解散、引退説が浮上 直撃に本人は「今後は仕事を始末してから考えます」
女性セブン
映画『99.9』完成報告イベントに登壇した香川(2021年撮影)
香川照之が脚本変更、土下座を拒否していた!『六本木クラス』最終話のゴタゴタ
NEWSポストセブン
偉業を達成したヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
村上宗隆の弟・慶太が明かす 兄と「寿司100貫」食べながら見せた“気遣い”
NEWSポストセブン
落合博満氏を監督として招聘する球団は出てくるか(時事通信フォト)
もう「落合博満監督」は二度と見られないのか? 「今こそ古巣・ロッテが招聘すべき」の声
NEWSポストセブン
政界から安倍家が消えるとなれば、安倍洋子さんはどう思うのか(写真/共同通信社)
安倍氏国葬に「後継候補の実兄長男が欠席」 安倍家の「断絶危機」が表面化
NEWSポストセブン
敏腕経営者に華麗に転身したローバー
深夜番組で一世を風靡したローバー美々が敏腕経営者に転身 コロナ禍で年商3倍に「私にしかできないことをやりたい」
NEWSポストセブン
作中ではシリアスな表情も多いが、オフの2人は常に笑い合っている。公私ともに共有する時間は多い。「正月は毎年、山口は俺の家にいるんだよね(笑い)」(本宮)
任侠シリーズ『日本統一』が地上波ドラマ化 本宮泰風&山口祥行「好みの俳優を見つけて」
女性セブン
誕生日は9月30日(写真/木村圭司)
声優・伊達さゆり ファンに祝ってもらった20歳の誕生日を振り返る「素敵な思い出になりました」
NEWSポストセブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
熊本市内で自主トレを行っていた松田宣浩らだが……
巨人がソフトバンク退団の松田宣浩を獲得調査も「ムードメーカーとしての獲得はプライドを傷つける」の声
NEWSポストセブン
2次選考を通過したのはこの4人!
【日本グラビアクイーンコンテスト】2次選考通過者4人を発表 いよいよファイナルへ
NEWSポストセブン