• TOP
  • 芸能
  • 清掃会社立ち上げたカラテカ入江「清掃業界変えたい」と語る

芸能

2020.11.17 07:00  NEWSポストセブン

清掃会社立ち上げたカラテカ入江「清掃業界変えたい」と語る

「ピカピカ」の制服を着て語る入江慎也さん

清掃会社「ピカピカ」の制服を着て語る入江慎也さん

「アーイエ・オーイエ・オレイリエ! フロムLA!」とポップに自己紹介するギャグでおなじみだったお笑いコンビ・カラテカの入江慎也さん(43才)。人気芸人としてテレビや舞台などで活躍していたが昨年6月、闇営業騒動に関連して所属の吉本興業から解雇。その後、ハウスクリーニングのアルバイトを経て今年7月、清掃会社「ピカピカ」を立ち上げた。清掃業を選んだ理由、会社設立後の近況、そして芸能界を去った今の思いを入江さんに聞いた。

――芸能界の次に選んだ業種が清掃業なのは意外でした。

入江:騒動後どうしていいかわからず、今後のことを相方の矢部太郎(43才)に相談したんです。ぼくは人と接することが好きなので、飲食業か清掃業が自分には向いているかなと考えていました。矢部には、「地に足つけて、自分自身が納得できる仕事がいいんじゃないか」と言われました。

 どちらにしようか迷っているとき、新たな気持ちになろうと芸人時代の小道具をすべて捨てて“断捨離”したら、気持ちが少し落ち着いたんです。子供のころボーイスカウトに入っていて、活動の一環でゴミ拾いしていたことを思い出しました。当時からきれいになっていくのが好きだったんですね。それで清掃の仕事をすることに決めました。手に職をつけたら、一生ものになるという思いもありました。

 家から近い清掃業者をネットで検索して、1番に表示されたハウスクリーニング「おそうじ本舗」さんのアルバイトの面接に行きました。

――アルバイト生活が始まるわけですが、収入面はどう変化しましたか?

入江:昨年の8月から始めて、2か月は時給1100円。そこから1200円に上がり、11月くらいから日当1万円になりました。月給は芸人時代と全然違います。でも、芸能界に戻りたいとは思いませんでした。働けることがありがたいと、感謝しかありませんでした。

 もちろん生活はガラッと変わりました。タクシーに乗らなくなりましたし、ブランド物も買えなくなった。改めて、お金を稼ぐ大切さが身に沁みました。芸人時代は1時間の講演会の仕事で何十万円といただいていたこともあるので、その感覚を考えると、いかにありがたい世界にいたのかわかりましたし、好きな仕事で食えるということは幸せなことなんだと気づかされました。

関連記事

トピックス