• TOP
  • 芸能
  • 挙動不審騒動の坂口杏里が語った「母・坂口良子への思い」

芸能

2020.11.21 16:00  週刊ポスト

挙動不審騒動の坂口杏里が語った「母・坂口良子への思い」

母について語る際には時折うつむいた表情も見せた

母について語る際には時折うつむいた表情も見せた

 色々と騒動を起こしてしまい、反省の毎日です。そんななか頻繁に思い出すようになったのが母との思い出です。最近、そんな母のことを想って“I will keep by your side forever”(私は永遠にあなたとともにいます)と鎖骨辺りにタトゥーを入れました。母への思いは常に私の心の中に残っていますし、一生忘れないように入れたのです。

 一時期は風俗で働いたり、アダルトビデオの世界に飛び込んだりしたこともありました。てっとり早く稼げて1回に貰えるギャラも違います。ですが、そういった世界に足を踏み入れることはもうありません。最近は金額の大小じゃなくて、今のバーのお仕事みたいに、お客様と話したり、店の方針を考えたりすることにやりがいを感じているんです。そろそろ30歳になるので、色々なことを考えたり決めたりしなきゃいけないのかなって思います。

 いまは「Bar Cachette (バーカシェット)」というお店でお世話になっていますが、いずれは歌舞伎町で自分のバーをオープンすることが目標です。昔はモーニング娘。に憧れて芸能界に入りました。モー娘。にはなれませんでしたが、バラエティ番組に出て皆さんに存在を知ってもらうことはできた。人生何が起こるかわからないですが、今は自分の目標ができたので、そのために頑張りたいですね。

関連記事

トピックス