スポーツ

斉藤和巳 あえて野球と向き合いストレス受け止める道選んだ

斉藤和巳が幾多の手術をしながら野球と向き合った日々について振り返る(時事通信フォト)

斉藤和巳が幾多の手術を経ながら野球と向き合った日々とは(時事通信フォト)

 元ダイエー(ソフトバンク)ホークス投手・斉藤和巳は、2006年に最多勝利・最優秀防御率・最多奪三振・最高勝率・最多完封の投手5冠を達成するなど、華々しい記録を残している。しかしその野球人生はケガとそのリハビリに苦しめられたものだった。現在は野球解説者として活躍する斉藤が、3度も手術しながら野球と向き合った日々について振り返る。

 * * *
 1996年、南京都高校3年時にドラフト1位指名を受けて福岡ダイエーホークス(現・福岡ソフトバンクホークス)に入団し、17年間現役でプレーしてきました。ただ振り返るとまともにプロでプレーできたのは数年だけで、後はケガとの戦いの日々でした。

 肩の手術を合計3回やっています。最初は、プロ3年目に右肩間接唇の手術をしました。関節唇とは、肩関節が前後、上下にぶれないように支える働きをするところです。通常は骨にしっかりと付着しているが、少し伸びていたため手術で元の状態にしました。そのおかげでプロ入り7年目の2003年に20勝を挙げることができ、その年から4年連続二桁勝利、パリーグ史上初の沢村賞2度受賞と、数々のタイトルを手にすることができました。

 とはいえ肩が完全に元通りになったわけではありません。疲労もあったのか、また状態が悪くなっていきました。しかしこの頃にはエースとしての自覚も芽生えたし、チームが私を必要としてくれていたのもあり、「肩が壊れても手術・リハビリして復活すればいい」という覚悟を持って投げていました。

 しかし2008年1月に右肩腱板修復手術で再び戦線離脱。その2年後に3度目の手術。これは前回やった手術の経過が思わしくなかったための再手術のような形です。結局2度目の手術を受けた年から引退する年までの6年間は、リハビリに費やすことになり、最後まで一軍で投げることはできませんでした。

関連キーワード

関連記事

トピックス

最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「安倍氏の後継者にふさわしい人物は誰か」というテーマで識者26人にアンケート(写真は萩生田光一氏/時事通信フォト)
【緊急アンケート】安倍晋三氏の後継者 1位・萩生田光一氏、2位・高市早苗氏
週刊ポスト
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
渋野日向子
渋野日向子「調子の波、大きすぎ?」 予選落ち連発から全英3位で、スイング改造の是非に議論再燃
NEWSポストセブン
戸田さんを『地獄の黙示録』の字幕翻訳に抜擢してコッポラ監督とは長く親交が続く(時事通信フォト)
字幕翻訳家・戸田奈津子さん 根底にある「自分のことは自分で決める」という哲学
女性セブン
日本テレビの浦野モモアナに期待が集まる
ポスト水卜麻美アナに急浮上 日テレ2年目・浦野モモアナ、特技は「大食い」
週刊ポスト
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松本若菜の姿を目撃
ブレイク女優の松本若菜「圧倒的美スタイル」と「意外な私服」に六本木が揺れた夜
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン