• TOP
  • 芸能
  • 木村拓哉と中居正広 まさかの「隣」で年末特番収録の驚き

芸能

2020.12.03 07:00  女性セブン

木村拓哉と中居正広 まさかの「隣」で年末特番収録の驚き

スマスマ以来のフジテレビでの“共演”が見たかった(写真は今年5月)

スマスマ以来のフジテレビでの“共演”が見たかった(写真は今年6月)

 年末年始の特番の収録が慌ただしく進む11月下旬の湾岸スタジオ(フジテレビ)に、ひときわ緊迫した空気が漂っていた。

「木村拓哉さん(48才)と中居正広さん(48才)が、隣り合ったスタジオで、しかも同じ時間帯に収録していたんです」

 そう話すテレビ局関係者が、声を潜めて続ける。

「中居さんは毎年恒例の『プロ野球珍プレー好プレー大賞』、木村さんはドラマ『教場II』の出演者らとともに『ネプリーグ』の特番収録を行っていました。控え室も同じフロアだし、廊下やトイレで鉢合わせしないか、スタッフは皆ヒヤヒヤでした。終了の予定時刻も同じくらいで、スタジオを出るときにバッティングしないか心配しているスタッフもいました」

 スタッフがここまで神経を尖らせるのには理由がある。木村と中居は、長年にわたり、“確執がある”と報じられてきたからだ。

「今年2月、中居さんはジャニーズ事務所の退所会見で木村さんとの確執について問われ、“不仲でいいんじゃないですかね。本人たちがわかっていれば”と否定も肯定もしませんでした。昨年のジャニー喜多川さん(享年87)のお別れ会では、2人が隣同士だったのに視線を合わせることもなかったと報じたメディアもありました。2人はSMAP解散後、言葉を交わしていない、と言う人までいます」(芸能関係者)

 ひとりジャニーズに残った木村は、中居のみならずほかの元SMAPメンバーとも「距離が広がった」との指摘もあった。しかし、こうした声は、今年に入ってファンの間では消えていったという。

関連記事

トピックス