芸能

木村拓哉と中居正広 まさかの「隣」で年末特番収録の驚き

スマスマ以来のフジテレビでの“共演”が見たかった(写真は今年5月)

スマスマ以来のフジテレビでの“共演”が見たかった(写真は今年6月)

 年末年始の特番の収録が慌ただしく進む11月下旬の湾岸スタジオ(フジテレビ)に、ひときわ緊迫した空気が漂っていた。

「木村拓哉さん(48才)と中居正広さん(48才)が、隣り合ったスタジオで、しかも同じ時間帯に収録していたんです」

 そう話すテレビ局関係者が、声を潜めて続ける。

「中居さんは毎年恒例の『プロ野球珍プレー好プレー大賞』、木村さんはドラマ『教場II』の出演者らとともに『ネプリーグ』の特番収録を行っていました。控え室も同じフロアだし、廊下やトイレで鉢合わせしないか、スタッフは皆ヒヤヒヤでした。終了の予定時刻も同じくらいで、スタジオを出るときにバッティングしないか心配しているスタッフもいました」

 スタッフがここまで神経を尖らせるのには理由がある。木村と中居は、長年にわたり、“確執がある”と報じられてきたからだ。

「今年2月、中居さんはジャニーズ事務所の退所会見で木村さんとの確執について問われ、“不仲でいいんじゃないですかね。本人たちがわかっていれば”と否定も肯定もしませんでした。昨年のジャニー喜多川さん(享年87)のお別れ会では、2人が隣同士だったのに視線を合わせることもなかったと報じたメディアもありました。2人はSMAP解散後、言葉を交わしていない、と言う人までいます」(芸能関係者)

 ひとりジャニーズに残った木村は、中居のみならずほかの元SMAPメンバーとも「距離が広がった」との指摘もあった。しかし、こうした声は、今年に入ってファンの間では消えていったという。

関連記事

トピックス

インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
胃腸薬服用の注意点は?(イメージ)
名医が自宅でのんでいる【とっておきの市販薬】「解熱鎮痛剤」と「鼻とのどの薬」
女性セブン