• TOP
  • 芸能
  • 渡部、東出、ベッキーは失格で原田は合格 不倫会見のお作法

芸能

2021.01.01 07:00  NEWSポストセブン

渡部、東出、ベッキーは失格で原田は合格 不倫会見のお作法

逃げ回った渡部建の会見は、得るものはなく批判を強めるだけに終わった(時事)

逃げ回った渡部建の会見は、得るものはなく批判を強めるだけに終わった(時事)

 新しい年が始まったが、コロナ禍にもかかわらず、芸能界では相変わらず艶聞、醜聞が途切れそうもない。すでに芸能マスコミは大物タレントの新たな不倫疑惑の証拠固めに走り回っている。コロナ禍で仕事が減り、特に国内も海外もロケがなくなったことで、むしろ芸能人は不倫に走りやすい環境なのかもしれない。

 2020年の“不倫大賞”といえば、間違いなく「多目的トイレ不倫」のアンジャッシュ・渡部建だろう。不倫が発覚してから雲隠れするようにテレビから消え、釈明も謝罪もしないままにダウンタウンの人気番組『笑ってはいけない』に出演しようとしたことで国民から総スカンを食ってしまった。12月になってあわてて会見したものの、歯切れの悪い受け答えに終始し、テレビ界では「当分復帰は難しくなった」と厳しい声が多い。

『週刊ポスト』(2021年1月4日発売号)では、今年、世論を真っ二つに割るであろう22のテーマについて各界論客が激論を戦わせているが、そのひとつが不倫芸能人の復帰の是非だ。本誌では、「不倫は文化だ」の名言で知られる俳優の石田純一が「容認論」、芸能レポーターの川内天子が「一発アウト」の意見を述べているが、川内氏は取材時に、記憶に残る過去の不倫騒動を振り返って、それぞれアウトかセーフかジャッジしていた。本誌では紹介できなかったその「判定」をNEWSポストセブン読者にお届けする。

 * * *
 渡部建さんの場合、不倫発覚から半年おいての記者会見でした。それだけ時間があれば、何を聞かれるのかわかるはずじゃないですか。時間が経てば経つほど、何に対して、誰に、どのように謝ればいいのかをしっかり考えておく必要があります。それをきちんと練ってこないから、あの会見のようにボロが出る。不祥事の直後なら、少々うろたえたり、気まずい感じで受け答えしても世間は納得するんです。

 不祥事を起こしても復帰できるかどうかは、世論が納得するかに左右されます。渡部さんが会見で繰り返した「僕の口からは答えられません」(※『笑ってはいけない』で復帰するのか、という質問に対する答え)みたいな言い方は絶対に禁句です。聞いているほうは、だったら誰の口からなら答えられるんだよ、って思ってしまいます。逃げの姿勢はさらに反感を買うんです。あれは会見によって復帰が遠のいてしまった大失敗の見本です。

 謝るなら、とにかく誠実に謙虚に、そして迅速にすることです。そうすれば世間も反応は違ってきます。例えば、2019年5月に複数の女性ファンとの「4WD不倫」を報じられた原田龍二さんの会見は、どんな突っ込んだ質問にも真っ正直に答えて、笑いのネタにしてしまった(※「妻からは、あなたは治らない人だと言われた」「性欲は強いですね」「(カーセックスは)大好きではないです」など、数々の“名言”を残した)。だから復帰してからもダメージが少なく、テレビ出演のオファーも続いています。

関連記事

トピックス