芸能

「ひろし、熱いよ」病床の渡哲也さんに寄り添った舘ひろしの心遣い

舘ひろしは渡哲也さんに惚れ込み、石原プロに所属(時事通信フォト)

闘病中の渡さんに舘ひろしは寄り添ったという(時事通信フォト)

 現在、公開中の映画『ヤクザと家族 The Family』で、暴力団の組長を演じた舘ひろし(70才)。ハードボイルドなイメージだが、現役のヤクザを演じるのは初めてという舘が心酔し、背中を追い続けたのが、昨年8月に亡くなった渡哲也さん(享年78)だ。

 晩年、幾度となく病魔と闘う渡さんに、舘は寄り添い続けた。直腸がんで渡さんが虎の門病院(東京・港区)に入院していた1991年。入院食は近くにあるホテルオークラの厨房から届けていたが、どうしても冷えてしまう。渡さんが「熱い天ぷらが食べたいんだよな」とつぶやいたのを聞いた舘は、ヒルトンホテル(現キャピトル東急)の天ぷら職人を連れてきて、病院の前にキッチンカーを止め、病室に揚げたてを運んだ。

「ひろし、熱いよ」

 そう言いながら、渡さんは泣いていたという。

「渡さんと舘さんは、かつて1日100本のたばこを吸う愛煙家でした。舘さんはたばこの持ち方も渡さんを真似ていましたね。20年ほど前、渡さんが肺気腫を患いました。渡さんが吸えなくなると、それを知った舘さんはその日を境に、たばこをすっぱりやめてしまった。兄貴分にならった、というよりも、渡さんの体調が回復するように“願掛け”をしたのではないでしょうか」(石原プロ関係者)

 舘が渡さんに最後に会ったのは一昨年の7月。それからは、2週間に1度は電話で話していたという。いつも渡さんは「ありがとう。オレのことを気にかけてくれるのはお前だけだよ」と話したという。

 映画『ヤクザと家族』の劇中で“子分”役の綾野剛(39才)が、最期の病床にある舘の手を握るシーンに、渡さんと舘の姿が重なる。

「病気をしてから、渡さんはゆっくりとしか歩けなくなった。舘さんは一緒に歩くとき、その速さだけでなく、歩幅まで合わせて歩いていた」(舘の知人)

関連記事

トピックス