スポーツ

福原愛、帰国で夫婦別居へ SNSに意味深ポエム、結婚指輪も外し…

台湾に嫁いで5年。1日キス100回の熱々ぶりを見せていたが…

台湾に嫁いで5年。熱々だった夫婦仲に変化が?

 試合に負けるたび、悔しさから涙をこぼす4才の少女。かつて日本中が応援した、卓球の「泣き虫愛ちゃん」もいまや2児の母親になった。大人になった彼女は、人前で涙を流すことはないが、誰にも話せない思いをポエムに込めていて──。

 会えない時間が愛を育てるとはよく言うが、この夫婦の場合はどうなるのだろうか。2月18日、卓球女子元日本代表で、現在は解説者やタレントとして活動する福原愛(32才)が『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演。そこで、驚きの発言をした。

「これから拠点を日本に移していこうかなというふうに。子供が幼稚園に入るタイミングなので」

 福原は、2016年に台湾出身の卓球選手・江宏傑さん(32才)と結婚。2017年10月に長女を、2019年4月に長男を出産し、台湾で暮らしてきた。福原夫婦といえば、結婚当初からラブラブぶりが話題を呼んできた。福原は中国版Twitterの「微博」に、ふたりが見つめ合う写真や、《起きると夫が朝食を用意してくれている》《結婚してから自分で携帯すら充電したことがない》(ともに和訳)などの惚気を連日投稿。美男美女のおしどり夫婦は、その好感度の高さから日本でも夫婦でCM共演を果たしていた。

 一方で、ふたりの“熱さ”に眉をひそめる人もいた。その1つが、2018年に中国で配信された有名人夫婦に密着するリアリティーショー『幸福三重奏』に出演した際のこと。「毎日100回キスしたい」という夫の希望のもと、ふたりは朝から晩まで61回もカメラの前でキスを披露。これには、「愛ちゃんのこんなシーンは見たくない」「まるでアダルトビデオを見させられているみたい」などと、不快感をにじませる視聴者も少なくなかった。

 今回は、久しぶりの日本のテレビ出演。またも視聴者が赤面するようなエピソードが披露されるのかと思いきや、福原の口から明かされたのは、意外な言葉だった。

「(夫は)基本土日にしか帰ってこなくて、練習はもちろんそうですし、卓球場を経営したりしているので、そういった部分で忙しくしていることが多いです」

 福原は3年前に現役を引退したが、江さんは台湾南部の都市・高雄で卓球場の経営や、卓球チームへの指導を行っている。毎日100回のキスどころか、実は「週末婚状態」だったというわけだ。加えて、夫は卓球選手としても決して順風満帆とはいえない状況に追い込まれている。

関連キーワード

関連記事

トピックス

永野芽郁がアパレル店から出てきた
永野芽郁の笑顔引き出すイケメンマネジャーの正体は「ももクロ百田夏菜子の弟」だった
NEWSポストセブン
日本食を恋しく思っているという(写真/時事通信フォト)
小室眞子さん、10月20日の美智子さまの米寿に帰国予定なし 月末には圭さん司法試験の合格発表
女性セブン
退社はしないと見られる弘中アナの無双
資産15億円社長と結婚の弘中綾香アナが退社しない理由「もはや局内フリー状態」との指摘
NEWSポストセブン
CSを控えているが、阪神の次期監督・岡田彰布氏が注目を集めている(時事通信フォト)
阪神・岡田彰布新監督にOB江本孟紀氏「矢野よりはるかに面白い野球をやりますよ」
週刊ポスト
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、4人の妻との波乱の人生 倍賞美津子は病床の元夫を見舞った
女性セブン
『CHICAGO』では2時間半もの間、ヒールで踊り続ける
米倉涼子、ミュージカル『CHICAGO』緊急降板 「本当の病状」と「違約金ゼロ」の理由
女性セブン
同級生だった岸信千世氏と岸田翔太郎氏(右)
「明るい茶髪だった」岸田首相の長男と安倍元首相の甥・岸信千世氏は「慶応大の同級生」 友人が明かす2人の「学生時代の評判」
NEWSポストセブン
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
女性セブン
地上波ドラマ出演の話が立ち消えになったという深田恭子
深田恭子“40才経験ゼロ役”地上波ドラマ出演話が立ち消えに 「合わない」と判断した理由
女性セブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
小出恵介、30代美女と牛丼店デート 2人分をテイクアウトし、長期滞在型ホテルへ
女性セブン
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 岸田政権がもくろむ年金大改悪の罠ほか
「週刊ポスト」本日発売! 岸田政権がもくろむ年金大改悪の罠ほか
NEWSポストセブン