芸能

林修の冠番組が相次ぎテコ入れ 内容が大きく変わったのはなぜか?

(撮影/平野哲郎)

冠番組が相次いでテコ入れ

 人気予備校講師から一躍、多くの冠番組を持つタレントとして活躍の場を広げた林修(55才)。最近、彼が担当する番組の内容に変化が見られるという。いったい何が起きているのか? コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
 「今でしょ!」が『ユーキャン新語・流行語大賞』を受賞したのは、約8年前の2013年。同年、林修さんは大手事務所のワタナベエンターテインメントに所属したことで活躍の場を一気に増やしました。

 現在は『林修の今でしょ!講座』(テレビ朝日系)、『林修のニッポンドリル』(フジテレビ系)、『林先生の初耳学』(MBS・TBS系)と民放3局系列で冠番組を持っていますが、意外なことに、このところ3つすべてで内容の大幅な変化が見られるのです。

『林修の今でしょ!講座』は、23日が「声優はスゴいんだ!!今、声優でしょ3時間SP」、16日が「東大生ランキング(東大生が選ぶスゴイ芸人と漫画を発表)」を放送。その前までは、「油」「コンビニの健康志向食品」「納豆」などの生活情報をフィーチャーしていただけに大きな変化を感じさせます。

『林修のニッポンドリル』は、24日が「ギャル曽根番付・新橋・銀座お好み焼き戦争」、17日が「広瀬香美が嫉妬したアーティスト番付TOP10と、ギャル曽根番付・池袋ハンバーグ戦争」、3日が「日清食品インスタント麺売上番付」を放送。昨秋までは、「ニッポン全国ミステリー調査」「日本語のナゾ」「ニッポン摩訶不思議ドリル」などの“日本”、あるいは「最強の縁結び!?出雲大社のナゾSP」「日本三景 宮島ミステリー」などのアカデミックな切り口が多かったため、こちらも大きな変化が見られます。

『林先生の初耳学』は、21日が「最新Amazonを学ぶ」、14日が「スマホ5Gの世界」、7日が「大人がハマるアイドル日向坂46」、1月31日が「ダルビッシュ有インタビュー」、1月24日が「フリーWi-Fi」、1月17日が「ROLANDインタビュー」を放送。昨年までは、「フワちゃん数珠繋ぎで『アリアナ・グランデ』にたどり着ける!?」「鬼越トマホークが手漕ぎ船で津軽海峡を横断」「徹底検証マッチングアプリで恋人は作れる?」「終電を逃した場合どこまでなら歩いたほうが早い?」などのロケドキュメント企画が多かっただけに大きく変わりました。

 なぜ今、冠番組の内容が大きく変わり、林修さんに何が求められているのでしょうか。

「中高年層に強い」という業界評価

 バラエティ番組の内容が変わる理由は、そのほとんどが視聴率の低迷。逆に言えば、視聴率が獲れていれば、よほどのネタ切れでない限り、リニューアルしづらいものです。前述した林さんの冠番組も、以前は中高年層の視聴者を手堅く集めて安定した視聴率を獲得していましたが、このところ以前ほどの結果を残せなくなっていました。ただ、これが冠番組の内容が大きく変わった決定的な理由とは言えないでしょう。

 昨春、視聴率調査が変わり、性別年代などの詳細がわかる個人視聴率が全国に導入されたことで業界内のムードは一変。これまで日本テレビを除く民放各局は、世帯視聴率を獲るために「まず中高年層を押さえて、その上で別の層にもアプローチできる」というコンセプトで番組制作をしていましたが、スポンサー受けがよく広告収入につながりやすい13~49歳に向けた番組に切り換えたのです。

 そのことは中高年層の視聴者が多かった『爆報!THEフライデー』『この差って何ですか?』(TBS系)が今春で終了し、代わってファミリー層向けの『オトラクション』『オオカミ少年』がスタートすることからもわかるのではないでしょうか。

 一方、業界内で林さんは、「中高年層に強いため、手堅く世帯視聴率を獲れるMC」と評価されていました。実際、その業界評価を暗に裏づけているのは、日本テレビに林さんのレギュラー番組がないこと。日本テレビは2010年代から民放他局に先がけて、世帯視聴率が獲れる高齢層ではなく、広告収入を得やすい13~49歳に向けた番組制作を進めていたのです。

 そんな業界評価があるからこそ林さんの冠番組は、中高年層向けの企画を中心に放送し続けてきました。その他の出演番組に目を向けても、所ジョージさんとコンビを組む『ポツンと一軒家』(朝日放送・テレビ朝日系)も極端に高齢視聴者の多い番組です。

関連キーワード

関連記事

トピックス