国際情報

『無職転生』巡り中国で大炎上 中国版”ポリコレ棒”が横行する背景

“過剰な正義”振りかざす「ポリコレ棒」とは

 この状況を理解するためには、中国版“ポリコレ棒”について知る必要がある。

 ポリコレ棒とは、「ポリティカル・コレクトネス(政治的な公正さ)」を過大に解釈して、さまざまな問題に圧力を加えるため、行き過ぎた正義と言う名の“棒”を振りかざすことを意味する俗語だ。どこまでが正当なポリティカル・コレクトネスでどこからがポリコレ棒なのかは判断が難しいところだが、米国ではポリティカル・コレクトネスに対する反発がトランプ前政権への支持にもつながったとされ、世界的な問題に発展していると言える。

 中国では、人権やジェンダー、人種差別といった西洋的な普遍的価値に基づくポリコレ棒は見当たらないが、「愛国愛党か」「社会風紀を乱していないか」といった中華人民共和国の価値観に基づく“中華版ポリコレ棒”が横行している。中国ネットウォッチャーとして知られる在日中国人のPANDA氏によると、今回の一件はまさにその典型だという。

「bilibili動画は、ニコニコ動画にインスパイアされて命名されたことからもわかるとおり、もともとアニメオタクたちが集まる動画配信サイトでした。しかし最近では、ユーザー層の幅が広がり、非オタクの女性ユーザーも増えました。それなのにbilibili動画は今でもオタク最優先で、『無職転生』もトップページで大々的に宣伝されています。これを苦々しく思った人々が決起したというのが事件の根幹にあります」

 オタクではない者たちにも配慮したサイト運営をして欲しいという願いは理解できるが、スポンサー企業にまでクレームを送りつける手法は過激にも思える。

「確かに過激ですが、同情すべき余地もあります。普通に申し入れしても無視されるだけ。実効的な効果をもたらすには通報しかありません。ユーザーの希望は無視する企業でも、“貴サイトのコンテンツは中華人民共和国の社会風紀を乱している”“愛国精神に反している”と言われるとリスク回避のために何らかの行動を取らざるを得なくなりますから」(PANDA氏、以下同)

 現状を変えようとすれば、“ポリティカル・コレクトネス違反”を口実に、過剰な批判キャンペーンに発展させるしかないわけだ。こうした動きに中国企業はみな戦々恐々としているが、尖閣問題や歴史問題などの火種を抱える日本企業は槍玉にあげられやすい。

「有名声優の茅野愛衣が靖国神社を訪問したことをネット番組で話したところ、謝罪に追い込まれたこともありました。政治に絡んだ問題は、“中国ポリコレ違反”として炎上キャンペーンを張る口実にされやすいので、企業側は戦々恐々です。アニメ声優など中国でビジネスをやっている方は今後慎重な行動が求められるでしょう」

関連キーワード

関連記事

トピックス

眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
小室圭氏と小室眞子氏
始球式中止騒動のニューヨーク総領事は小室圭さん・眞子さん夫妻の“守護者”だった
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
浅田舞がパチスロをする姿や浅田真央との腕組私服姿もキャッチ
浅田真央 固くなる姉との結びつき、父との断絶…セカンドキャリアへの不安
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
眞子さんらはたくさんの護衛を引き連れ出国していった(昨年秋)
小室夫妻への手厚い援助 渡米時は“迎えの車”、総領事館には“小室さん夫婦担当”
女性セブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
新しい相棒になったワンちゃんを散歩させる市村正親
市村正親 篠原涼子と離婚の寂しさか、子への愛情か 新たにボーダーコリーを家族に「離婚後も指輪」は継続
NEWSポストセブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン