国内

震災から10年 一本松、乗り上げた遊覧船…岩手の「あの日と今」

東日本大震災から10年経ち、岩手の街並みはどう変わった?(写真は2011年の5月の“奇跡の一本松”)

東日本大震災から10年経ち、岩手の街並みはどう変わった?(写真は2011年5月の“奇跡の一本松”。撮影/小倉雄一郎)

 東日本大震災から10年──。震災関連死を含め、約2万2000人を超える死者・行方不明者を出した未曾有の災害の爪痕は、今も人々の心に重くのしかかる。

 住宅や町のインフラの再建はほぼ完了した。沿岸部の岩手、宮城、福島をはじめとする6県621地区では、防潮堤や護岸の整備が進められ、現在は7割ほどが完成。国道や県道などの交通インフラも、震災前の状態にほぼ復旧した。

 しかし、高齢化の進む被災地では、災害公営住宅で暮らす4割が65歳以上。独居のケースも多く、住み慣れた土地から移ってきたために、家を出たがらない傾向が強いという。さらに昨年からのコロナ禍が追い打ちをかけている。

 避難先での新たな生活が長引き、故郷に戻らない選択をする人も少なくない。加速する人口減少にどう立ち向かうのか。今なお続く被災地の復興が抱える問題は、10年を経て激変した風景の中にあるはずだ。

 前例のない37兆円を超える復興予算で、被災地はどこまで復興したのか。ここでは、本誌・週刊ポストが10年間見つめ続けた「岩手県」の復興する風景を定点観測でレポートする。

●岩手・陸前高田市(2011年5月4日→2021年2月25日)

2021年2月25日の“奇跡の一本松”

2021年2月25日の“奇跡の一本松”(撮影/小倉雄一郎)

 約7万本あった松のうち唯一残った“奇跡の一本松”。2012年に枯死が確認されたが、保存整備された。高さ12.5mの防潮堤によって海岸線を見ることはできなくなったが、堤を越えた先の浜には名勝「高田松原」の再生を目指し、4万本の松の苗木の植樹が進む。

関連記事

トピックス

Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
イメージカット
ラーメン店での「イヤホン論争」の無駄な盛り上がりに何を学ぶか
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
UFO議連の会合に臨む小泉進次郎氏(写真/共同通信社)
超党派議員89人が「UFO議連」を立ち上げ 小泉進次郎氏は「横須賀で目撃報告が多いと聞いている」 安全保障上の脅威として議論が俎上に
週刊ポスト
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
メダル有力選手の熱すぎる瞬間をピックアップ!
【パリ五輪直前】バレー、競泳、柔道、卓球、バスケほか…メダルが期待される各種目の注目選手を紹介
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
連続ドラマ主演が続く小芝風花
小芝風花、撮り下ろしグラビア ドラマ『GO HOME』で共演の大島優子に「バディとしての遠慮のないかけあいにも思い切り飛び込めます」
週刊ポスト
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン