国内

ボスママがママ友を支配する構造 「プチ教祖」はあなたの身近にも

育児の相談ができるママ友だったが……(イメージ)

育児の相談ができるママ友だったが……(イメージ)

 福岡県篠栗町で起きた5歳男児餓死事件で、母親とそのママ友が逮捕された。事件の経過が少しずつ分かってきたが、母親はママ友に精神的にも経済的にも支配された状態だった。2002年に発覚した北九州監禁殺人事件、そして2012年に従犯者の別件逮捕から明るみに出た尼崎事件 ―― そんな異常な出来事など滅多に起きない、と思っている人は気づいていない。あなたの周囲にも、「プチ教祖」として身近な人間を支配している人がいる。俳人で著作家の日野百草氏が、埼玉県東部にいる「プチ教祖」なボスママと、住民たちの怖れについてレポートする。

 * * *
「ママさん2人を従えてるボス、彼女は教祖と呼ばれています。怖いですよ」

 今年2月、筆者は埼玉県東部の各ホテルにしばらく転泊。何人かの情報提供者の中の一人から、当初の情報とは違う興味深い話を引き出した。ホテルのロビーで待ち合わせた彼は橋本寛弥さん(40代・仮名)。草加、越谷、春日部とフードデリバリーや独身男性の介護、テレワークに関しての取材が主だったが、その中でよもやま話として上がったのが、いわゆるママ友のボス、橋本さん言うところの「教祖」である。教団を率いているわけでもないし教祖は大げさなので、「プチ教祖」と言ったところか。しかし文中では他のママさんたちと区別するため、便宜上そのボスママは「教祖」とする。

「ボスママね、たいした人じゃないですよ、金持ちでもなんでもない、市営団地のシンママ(シングルマザー)です。態度でかいんで、むしろ保育園では嫌われてるほうです。でも絶対的な信者がいます。いますといっても2人ですが」

 橋本さんの話は奥さんからの又聞きなので、あくまでよもやま話の類いでしかないし事件性もない。しかし筆者には興味があった。これまでも巷の「プチ教祖」は職場や学校、趣味の世界などに存在した。あなたのまわりのプチ教祖 ―― 筆者も某出版社で遭遇している。ここで断っておくが、多くの人が認めるような人気者が「プチ教祖」ではない。それは文字通りの人気者かリーダーシップや人望のある人、あるいは多少独善的な仕切り屋さんとか威張り屋さんの類いであり、当たり前だが洗脳や支配までには至らない。

「私も何度か園の行事で会ってるから知ってますけど、なんであんな人にって感じですよ。他に魅力的な人なんていくらでもいるのに」

 世間的には支持されず、むしろ嫌われ者なのに特定の人物や少数者をターゲットに徹底支配し、それを奴隷のように操るプチ教祖。教祖と信者一人、あるいは数人で固まりさらに孤立を深める。ひれ伏す信者(表面上は友だち)を前に教祖だけはご満悦で、小さな搾取を繰り返す。スーパースターでもカリスマでもない一般人が、一般人をいとも簡単に支配する。

「そうなんです。これ特徴的だと思うんですけど、さっき言ったように何に優れているわけでもない人なんですよね、むしろ容姿は下、学歴だって仕事だってたいしたことない。ただ唯一言えることは自信家だってこと、自信の根拠はまったくないんですけどね」

関連記事

トピックス

田村瑠奈被告
【テキーラに浮かぶ眼球】ススキノ事件・瑠奈被告(30)が愛した「怪談バー」 ずっしりと重い“人の生首”も 逮捕直前、夫婦が行きつけの店で交わした会話
NEWSポストセブン
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
女性セブン
ハーゲンダッツ ジャパンの新商品発表会に登壇した小松菜奈
【8.5頭身の圧巻スタイル】小松菜奈「紫色のスレンダーボディ」「出会った人すべてが恋に落ちる」どうしようもない魅力
女性セブン
問題視されたポスター(現在は撤去済み)
《風営法違反で警告》選挙ポスター掲示板「女性専用風俗店」の運営者が罪に問われる可能性 弁護士が指摘
NEWSポストセブン
この国の食卓は「偽物」だらけで埋め尽くされてしまうかもしれない(写真/PIXTA)
牛肉、うなぎ、あさり、鶏肉など…繰り返される「産地偽装」「産地ロンダリング」のカラクリ
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【オシャレ最上級者】杉咲花と交際中の若葉竜也「2500円の私服Tシャツ」の意味深ロゴ「アンメット」にかけていたのか
NEWSポストセブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
宮沢りえ
《テカテカでも好感度大》宮沢りえ、松嶋菜々子…“アラフィフらしい姿”が支持される理由 「若さ」よりも重視される「自然体かどうか」
NEWSポストセブン
櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
1億円を寄付した黒柳
《ユニセフ親善大使40年の現在地》黒柳徹子、個人名義で「ガザに1億円」寄付 公表しなかった理由を明かす 
女性セブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン