国内

ボスママがママ友を支配する構造 「プチ教祖」はあなたの身近にも

育児の相談ができるママ友だったが……(イメージ)

育児の相談ができるママ友だったが……(イメージ)

 福岡県篠栗町で起きた5歳男児餓死事件で、母親とそのママ友が逮捕された。事件の経過が少しずつ分かってきたが、母親はママ友に精神的にも経済的にも支配された状態だった。2002年に発覚した北九州監禁殺人事件、そして2012年に従犯者の別件逮捕から明るみに出た尼崎事件 ―― そんな異常な出来事など滅多に起きない、と思っている人は気づいていない。あなたの周囲にも、「プチ教祖」として身近な人間を支配している人がいる。俳人で著作家の日野百草氏が、埼玉県東部にいる「プチ教祖」なボスママと、住民たちの怖れについてレポートする。

 * * *
「ママさん2人を従えてるボス、彼女は教祖と呼ばれています。怖いですよ」

 今年2月、筆者は埼玉県東部の各ホテルにしばらく転泊。何人かの情報提供者の中の一人から、当初の情報とは違う興味深い話を引き出した。ホテルのロビーで待ち合わせた彼は橋本寛弥さん(40代・仮名)。草加、越谷、春日部とフードデリバリーや独身男性の介護、テレワークに関しての取材が主だったが、その中でよもやま話として上がったのが、いわゆるママ友のボス、橋本さん言うところの「教祖」である。教団を率いているわけでもないし教祖は大げさなので、「プチ教祖」と言ったところか。しかし文中では他のママさんたちと区別するため、便宜上そのボスママは「教祖」とする。

「ボスママね、たいした人じゃないですよ、金持ちでもなんでもない、市営団地のシンママ(シングルマザー)です。態度でかいんで、むしろ保育園では嫌われてるほうです。でも絶対的な信者がいます。いますといっても2人ですが」

 橋本さんの話は奥さんからの又聞きなので、あくまでよもやま話の類いでしかないし事件性もない。しかし筆者には興味があった。これまでも巷の「プチ教祖」は職場や学校、趣味の世界などに存在した。あなたのまわりのプチ教祖 ―― 筆者も某出版社で遭遇している。ここで断っておくが、多くの人が認めるような人気者が「プチ教祖」ではない。それは文字通りの人気者かリーダーシップや人望のある人、あるいは多少独善的な仕切り屋さんとか威張り屋さんの類いであり、当たり前だが洗脳や支配までには至らない。

「私も何度か園の行事で会ってるから知ってますけど、なんであんな人にって感じですよ。他に魅力的な人なんていくらでもいるのに」

 世間的には支持されず、むしろ嫌われ者なのに特定の人物や少数者をターゲットに徹底支配し、それを奴隷のように操るプチ教祖。教祖と信者一人、あるいは数人で固まりさらに孤立を深める。ひれ伏す信者(表面上は友だち)を前に教祖だけはご満悦で、小さな搾取を繰り返す。スーパースターでもカリスマでもない一般人が、一般人をいとも簡単に支配する。

「そうなんです。これ特徴的だと思うんですけど、さっき言ったように何に優れているわけでもない人なんですよね、むしろ容姿は下、学歴だって仕事だってたいしたことない。ただ唯一言えることは自信家だってこと、自信の根拠はまったくないんですけどね」

関連記事

トピックス

ハワイの別荘と合わせて、真美子夫人との愛の巣には約40億円を投資
【12億円新居購入】大谷翔平、“水原一平騒動”で予想外の引っ越し 日系コミュニティーと距離を置き“利便性より静けさ”を重視か
女性セブン
早くも今夏から『SHOGUN 将軍』新シーズンの脚本に取り掛かるという(写真/CNP=時事)
【独占告白】真田広之と手塚理美の次男・日南人が俳優に 父からのエール「自分のやりたいことをやれ。何かあれば相談に乗る」
女性セブン
不倫疑惑に巻き込まれた星野源(『GQ』HPより)とNHK林田アナ
《星野源と新垣結衣が生声否定》「ネカフェ生活」林田理沙アナが巻き込まれた“不倫疑惑”にNHKが沈黙を続ける理由 炎上翌日に行われた“聞き取り調査”
NEWSポストセブン
若き日のダルビッシュ有を知る指導者たちからの証言(写真=USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)
歴代指導者が語るダルビッシュ有「日米通算200勝」までの道程 中学時代から練習の目的を理解、大きく成長した日ハム時代の中継ぎ経験
週刊ポスト
主犯の十枝内容疑者
【青森密閉殺人】会社社長の殺人を支えた元社員は覚醒剤常習者「目がイッちゃって…」「人を殺すなら中国人に頼めば5〜6万円で跡形もなく……」の意味深発言
NEWSポストセブン
政治とカネの最大タブー「官房機密費」
【政治とカネ問題の“最大の聖域”】『官房機密費』の決裁権を持つ元官房長官が核心証言「選挙の陣中見舞いに使った」
週刊ポスト
亡くなったことがわかったシャニさん(本人のSNSより)
《ボーイフレンドも毒牙に…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の死亡が確認「男女見境ない」暴力の地獄絵図
NEWSポストセブン
長男・正吾の応援に来た清原和博氏
清原和博氏、慶大野球部の長男をネット裏で応援でも“ファン対応なし” 息子にとって雑音にならないように…の親心か
週刊ポスト
殺人を犯すようには見えなかったという十枝内容疑者(Facebookより)
【青森密閉殺人】「俺の人生は終わった」残忍な犯行後にキャバクラに来店した主犯格の社長、女性キャストが感じた恐怖「怒ったり、喜んだり感情の起伏が…」近所で除雪手伝いの裏の顔
NEWSポストセブン
大谷が購入した豪邸(ロサンゼルス・タイムス電子版より)
大谷翔平がロスに12億円豪邸を購入、25億円別荘に続く大きな買い物も「意外と堅実」「家族思い」と好感度アップ 水原騒動後の“変化”も影響
NEWSポストセブン
杉咲花
【全文公開】杉咲花、『アンメット』で共演中の若葉竜也と熱愛 自宅から“時差出勤”、現場以外で会っていることは「公然の秘密」
女性セブン
殺害された谷名さんの息子Aさん
【青森密閉殺人】手足縛りプラスチック容器に閉じ込め生きたまま放置…被害者息子が声を絞り出す監禁の瞬間「シングルで育ててくれた大切な父でした」
NEWSポストセブン