「大人は金が絡みますからね……信じられます? 教祖、信者から金借りるんです。額はともかく、普通ありえませんよね」

 教祖となったボスママは信者ママから金を徴収しているようだ。ただし大金ではなく、千円、二千円を「ちょっと貸して」といった具合に。

「シンママで厳しいのはわかりますけど、これは園でも問題になったんです」

 保護者との関係が密な園のようで、そのボスママの「プチ教団」は何度か園から問題視されたようだ。しかし事あるごとに教祖は反発、他のママの陰謀だとわめきたて、信者にもそれを吹き込んだという。その騒動は父兄として同席した橋本さんも目撃している。陰謀なんて、そんな戯言、信じるものだろうか。

「信じてるみたいですね。ママさんも疑うどころか2人で競い合ってます。教祖は信者ママさんの家庭にアドバイスまでしているようです」

 忠誠心を競わせるのは教祖の常套手段、そして教祖の言葉は絶対だ。それにしても、シンママである教祖はともかく、信者ママさん2人には夫がいるという。知らぬ存ぜぬなのだろうか。

「でしょうね。妻いわく、旦那が単身赴任とか、家庭が冷え切ってるとか」

 そういう人だから引っかかるとは限らないが、自信たっぷりの身近な教祖は心の隙間にスッと入ってきたのだろう。頼れそうな先輩ママさんから怖いボスママ、そして絶対的な教祖に変貌を遂げた彼女を前に、ママさん2人は信者として支配される身となった。

教祖は必ず「敵」をつくり、信者に教え込んで孤立させる

「この辺だって園はなかなか入れません。だから転園なんてまず無理です。第一、友達と離れたくないと子どもが反対するし」

 それはそうだろう、埼玉県の待機児童数は2年連続減少傾向とはいえ解消したわけではない。いまだに県全体で1000人超の待機児童を抱え、県庁所在地のさいたま市に至っては、2020年4月1日時点で待機児童387人と関東エリアでワースト1位だ。

「だから子どもが人質みたいなもんです。その教祖をみんな嫌ってますけど、何をされるかわからないから近づきません。ある意味、ママさんたちもかわいそうです」

 教祖と信者2人のママさん教団はこうして野放しとなる。孤立した彼女らは教祖から「敵」の存在を吹き込まれ、それを信じてさらに孤立、誰からの指摘も介入もないまま支配されているということか。

「そうです。必ず敵を作るんですよね、ああいった人は。で、敵と教えられて孤立して、どんどん洗脳される、怖いですよ」

 そう聞くと確かに怖い。先に筆者もそういった事例を知っていると書いたが、その40代のベテラン女性編集者は契約社員の新人女性(20代)を奴隷のように扱っていた。地方から出てきた新人は彼女のアシスタント的な立場だったが仕事に没頭、崇拝し、連日の徹夜に1日15時間労働で日々の私用までつきあわされ、公私ともに支配されていた。先輩後輩の関係とかやりがい搾取とかのレベルではなく、完全に奴隷だった。まさに一人教祖に一人信者。会社側も注意、他の部員が諌めても新人は聞く耳を持たず、洗脳は続き、ついには病んで契約更新されず雇い止めとなった。みるみるやせ細り、目がイッた状態の新人を見るに見かねて救おうとした別の女性編集者もいたが、「○○さん(ベテラン女性編集者の名前)ばかり必死でみんな働いていない、あなたも!」と吹き込まれたであろう会社の悪口そのままに孤立、手に負えなかった。

関連記事

トピックス

三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
有岡大貴と松岡茉優
Hey! Say! JUMP有岡大貴&松岡茉優が結婚 匂わせなしの“ファンファースト”な交際の一方で「結婚は35才以降」説崩壊に動揺も
女性セブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン
日活映画は吉永小百合にとっても青春そのものだった
【吉永小百合・デビュー65周年】日活という学校で学び、青春映画の中で放たれた可憐なマドンナ 共演者・カメラマンが語るその輝き
週刊ポスト
一時は食欲不振で食事もままならなかったという(4月、東京・清瀬市。時事通信フォト)
紀子さま“体調不良報道”でも気丈な姿、単独公務先で「こちらにどうぞ」と気さくに声かける お元気そうな様子に同行していた記者たちは驚き
週刊ポスト
6月9日、鹿児島市内の認定こども園で、刃物のようなもので男児の首を切りつけて出血させたとして、殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者(21)
《鹿児島2歳児切りつけ》「見えたらいけないものが…」21歳の女性保育士が犯行前にSNSで意味深投稿 母校の高校関係者は「夢の実現目指して熱心に勉強を」
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
全国ライブ中の沢田研二
《ファンの声援にブチ切れ》沢田研二が「見てわからんか!」とステージ上で激怒し突っ込んだ「NGワード」
NEWSポストセブン
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン