誰かのすべてを支配するというのは異常な出来事のはずだが、それは決して珍しいことではなく、どんな場所にも「プチ教祖」は存在し、ターゲットを探している。そして搾取するだけ搾取して、いらなくなればボロ雑巾のように捨てる。契約更新しないと判断した一人が、まさにそのベテラン女性編集者だったから恐ろしい。もちろん、売れっ子の女性漫画家を抱えた彼女を会社が切れるわけもなかった。その女性漫画家すら彼女の信者だった。

「その話はわかりますけど会社も悪いですね。でもママ友は仕事みたいに利益絡みませんから、余計やっかいなんですよ」

“ママ”という相対的な評価の難しい立場は同調圧力を引き起こしやすいのだろうか。限られた世界だからこそ、支配の度合いは強いのかもしれない。そうして日常生活にまで入り込まれて搾取される。ただのママ友なのに主従関係と搾取、そんな異常な行為を平気でやってのけるモンスターが普通の顔して近づいてくる。実際、2002年に発覚した北九州監禁殺人事件で犯人は平凡な一家を支配して、その家だけの教祖となった。2012年に発覚した尼崎連続変死事件などは複数の家庭を支配、教祖として君臨した。そんな平成の大事件でなくとも、ごく平凡な日常で、彼らのようなモンスターが意図的であれ、恣意的であれ、ターゲットを探している。仲良くなったばかりの「いい人」が「あなたのプチ教祖」に変貌する。捕食されたが最後、逃げ場はない。

「卒園しても小学校は同じのことが多いですからね、ママ友の主従関係は延々続くんです。奴隷のように使われて、金まで取られて。でも警察呼ぶほどじゃない。こんなヤバい人間関係恐ろしいですよ」

 橋本さんの話を聞いてようやくその怖さがわかった気がする。一度「プチ教祖」に洗脳されたら、支配されたら逃れられない。それは山田詠美の小説『蝶々の纏足』のように美しくもない。洗脳と支配は平凡な日常の、平凡な人間関係、最初はただ近づいてきただけだったはずの平凡な一般人(あるいは自覚なきモンスター)によってもたらされる。手法はこうだ。まず初対面から「ラブ・ボミング」(あるいはラブ・シャワー)と呼ばれる溢れんばかりの「好意の爆弾」で偽りの愛を与えて承認欲求を満たす。そして共通の「敵」を、これまた偽りの「驚異」で一体感を持たせる(グランファルーン・テクニック)。そうして「理解者と思わせる」「嘘と思われない嘘で驚かす」「嫉妬を煽る」「囲い込む」を繰り返す。孤立してしまえばしめたもの、もはや他人の言葉など「敵」の「驚異」だし、真実は自分”なんか”に好意を浴びせてくれる教祖だけ。これで信者の出来上がりである。日常に満たされている大半の人にはピンとこないが、満たされていない人の一部はこうして心の隙につけこまれてしまう。まして困ったことに、支配する気がないのに支配者になれるモンスターのような一般人が存在する。これが本当にやっかいで、教祖サマ本人もちょっとした邪気、下手をすると自覚がない。「プチ教祖」は自覚なき支配者だからこそ恐ろしい。

 世の中には本当に危険な一般人というのが存在する。出会うきっかけは会社か、学校か、ご近所さんか ―― 特別なことではない。いつ自分が支配されるか、洗脳されるかわからない。誰しも信者として搾取され、巷の「プチ教祖」に人生を台無しにされる可能性がある。カルトは日常に存在する。北九州も、尼崎も、今回の福岡も支配者はその辺の一般人だ。

 解決策も見当たらず、筆者も橋本さんもそれから先の話はできなかった。本当に恐ろしく、そして難しい問題だが、長引くコロナ禍でコミュニケーションの機会が減り、ごく限られた人間関係の中で暮らさざるを得ない状況が続いている。今後さらに増えるかもしれない。

 信者2人のプチ教祖。笑うかもしれないが、この関係は本当に危険で、恐ろしい。

【プロフィール】
日野百草(ひの・ひゃくそう)/本名:上崎洋一。1972年千葉県野田市生まれ。日本ペンクラブ会員。出版社勤務を経てフリーランス。2017年、全国俳誌協会賞。2018年、新俳句人連盟賞選外佳作、日本詩歌句随筆評論協会賞奨励賞。寄稿『誰も書けなかったパチンコ20兆円の闇』(宝島社)、著書『ルポ 京アニを燃やした男』(第三書館)など。

関連記事

トピックス

問題視されたポスター(現在は撤去済み)
《風営法違反で警告》選挙ポスター掲示板「女性専用風俗店」の運営者が罪に問われる可能性 弁護士が指摘
NEWSポストセブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
《ススキノ頭部切断》瑠奈被告(30)の友人が語る「“るーちゃん”が激高した夜」
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【オシャレ最上級者】杉咲花と交際中の若葉竜也「2500円の私服Tシャツ」の意味深ロゴ「アンメット」にかけていたのか
NEWSポストセブン
宮沢りえ
《テカテカでも好感度大》宮沢りえ、松嶋菜々子…“アラフィフらしい姿”が支持される理由 「若さ」よりも重視される「自然体かどうか」
NEWSポストセブン
櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
『THE BET』でMCを務める池田美優と麒麟・川島明(番組公式サイトより)
《相次いで放送》ついに幼稚園でも開催、“かくれんぼ”番組はなぜ支持を集めるのか
NEWSポストセブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
真矢ミキ、映画『九十歳。何がめでたい』で草笛光子の娘役を演じる「光子さんの輝かしい奇跡の瞬間を目の前で見たんだと思います」
真矢ミキ、映画『九十歳。何がめでたい』で草笛光子の娘役を演じる「光子さんの輝かしい奇跡の瞬間を目の前で見たんだと思います」
女性セブン
1億円を寄付した黒柳
《ユニセフ親善大使40年の現在地》黒柳徹子、個人名義で「ガザに1億円」寄付 公表しなかった理由を明かす 
女性セブン
東京都知事選挙が告示され、選挙ポスターが張られた掲示板。過去最多の56人が立候補した(時事通信フォト)
《「ほぼ裸」ポスターや立候補しない女性格闘家も》都知事選の選挙ポスター問題 「おそろしい時代」「恥ずかしい」と嘆く大人に「あたおか」と笑う小学生たち
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン