スポーツ

太田雄貴「妻・笹川友里がモデルデビュー」の夜に深夜会食の理由

太田雄貴を夜、目撃

太田雄貴を夜、目撃

 3月4日の夜、都内屈指のセレブタウンで元アスリートらしい軽快な小走りを見せる男性。駆け込むように客単価1人約5万円といわれる超高級懐石料理店に入っていったのは、2008年北京五輪、2012年ロンドン五輪の銀メダリスト・太田雄貴(35才)である。現在は日本フェンシング協会会長として活動中の彼にとって、この夜は特別な意味を持っていた。

 21時を回った頃、太田は男女数人とともに店を出てきた。続いて一行が向かったのは赤坂の会員制フランス料理だった。

 関係者によれば、「コロナ禍で20時以降も営業をしているお店は少なく、“二次会難民”の人は少なくありません。そういった人のために開けている店もあります。会員制などの限られた人しか来ない店ならば、コロナ対策も徹底されているので、安心して利用できますしね。このフレンチは会員向けに人数を限定し、遅い時間帯はワインバーとして営業を続けています」という。

 この日は、太田の妻で元TBSアナウンサーの笹川友里(30才)が新たな活動を発表したタイミングだった。翌5日発売の女性ファッション誌「VERY」4月号で専属モデルデビューすることが明かされたのだ。

 笹川は2013年にTBSに一般職で入社し、「美人過ぎるAD」として騒がれて、翌2014年からアナウンス部に転属。ADからアナウンサーへと異例の転身をした笹川だったが、この2月末で同局を退社。フリーランスとしての第一歩が、モデルデビューだった。

「新たに事務所に所属せずフリーランスという決断はなかなかできるものではない。旦那さんである太田さんの支援もあっての独立だと聞いています」(TBS関係者)という声もあるが、この夜の会合に笹川の姿はなく、彼女のお祝いではなかったようだ。

 自らのマネジメント会社で経営にも携わる太田は、2017年から日本フェンシング協会会長に就任して、多忙な毎日を過ごしている。広告代理店関係者が語る。

「フェンシング協会は、公的な補助金に依存していて慢性的に財政難。太田会長はそんな協会の財務体質を改善しようと、日々、スポンサー獲得に回っています。最近は、佐賀県と協会が組んで、ふるさと納税を使って佐賀県フェンシング協会や日本フェンシング協会に寄付できる仕組みも整えて発表しています」

 フェンシングの試合でも、会場には大スクリーンを設置して、モーションキャプチャーとAR(拡張視覚)技術を使って、目にも止まらぬ速さの剣先の動きを可視化するなど、まるでK-1などの格闘技イベントのようにエンターテインメント化し始めるなど、工夫をこらしている。

関連記事

トピックス

自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本気なのか(時事通信フォト)
アンジャッシュ渡部建、復活の兆し 芸人仲間の「いじりネタ」とグルメキャラで浮上か
NEWSポストセブン
本田圭佑監督か
サッカー日本代表「次の監督は本田圭佑」に期待する声 実現への“最大の壁”は
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン