スポーツ

太田雄貴「妻・笹川友里がモデルデビュー」の夜に深夜会食の理由

太田雄貴を夜、目撃

太田雄貴を夜、目撃

 3月4日の夜、都内屈指のセレブタウンで元アスリートらしい軽快な小走りを見せる男性。駆け込むように客単価1人約5万円といわれる超高級懐石料理店に入っていったのは、2008年北京五輪、2012年ロンドン五輪の銀メダリスト・太田雄貴(35才)である。現在は日本フェンシング協会会長として活動中の彼にとって、この夜は特別な意味を持っていた。

 21時を回った頃、太田は男女数人とともに店を出てきた。続いて一行が向かったのは赤坂の会員制フランス料理だった。

 関係者によれば、「コロナ禍で20時以降も営業をしているお店は少なく、“二次会難民”の人は少なくありません。そういった人のために開けている店もあります。会員制などの限られた人しか来ない店ならば、コロナ対策も徹底されているので、安心して利用できますしね。このフレンチは会員向けに人数を限定し、遅い時間帯はワインバーとして営業を続けています」という。

 この日は、太田の妻で元TBSアナウンサーの笹川友里(30才)が新たな活動を発表したタイミングだった。翌5日発売の女性ファッション誌「VERY」4月号で専属モデルデビューすることが明かされたのだ。

 笹川は2013年にTBSに一般職で入社し、「美人過ぎるAD」として騒がれて、翌2014年からアナウンス部に転属。ADからアナウンサーへと異例の転身をした笹川だったが、この2月末で同局を退社。フリーランスとしての第一歩が、モデルデビューだった。

「新たに事務所に所属せずフリーランスという決断はなかなかできるものではない。旦那さんである太田さんの支援もあっての独立だと聞いています」(TBS関係者)という声もあるが、この夜の会合に笹川の姿はなく、彼女のお祝いではなかったようだ。

 自らのマネジメント会社で経営にも携わる太田は、2017年から日本フェンシング協会会長に就任して、多忙な毎日を過ごしている。広告代理店関係者が語る。

「フェンシング協会は、公的な補助金に依存していて慢性的に財政難。太田会長はそんな協会の財務体質を改善しようと、日々、スポンサー獲得に回っています。最近は、佐賀県と協会が組んで、ふるさと納税を使って佐賀県フェンシング協会や日本フェンシング協会に寄付できる仕組みも整えて発表しています」

 フェンシングの試合でも、会場には大スクリーンを設置して、モーションキャプチャーとAR(拡張視覚)技術を使って、目にも止まらぬ速さの剣先の動きを可視化するなど、まるでK-1などの格闘技イベントのようにエンターテインメント化し始めるなど、工夫をこらしている。

関連記事

トピックス