• TOP
  • 芸能
  • 『おちょやん』の弟はなぜ放火しようとしたのか ヤクザと芸能秘史

芸能

2021.03.20 16:00  週刊ポスト

『おちょやん』の弟はなぜ放火しようとしたのか ヤクザと芸能秘史

杉咲花主演『おちょやん』ではなぜか重要な場面でよく「ヤクザ」が…(時事通信フォト)

杉咲花主演『おちょやん』ではなぜか重要な場面でよく「ヤクザ」が…(時事通信フォト)

 松竹新喜劇の看板女優・浪花千栄子の生涯を描いたNHK連続テレビ小説『おちょやん』を観ていると、なぜか重要な場面でよく「ヤクザ」が出てくる。昭和初期という時代、関西の芸能においてヤクザの存在は不可欠であり、ストーリー上、無視できないものだったのだろう。フリーライターの鈴木智彦氏がレポートする。

 * * *

まず父親の借金相手がヤクザ

『おちょやん』に最初にヤクザが登場するのは、年季明け間近、主人公・千代(杉咲花)の父テルヲ(トータス松本)が芝居茶屋『岡安』を訪問した時(第4週)だった。テルヲは博奕で膨大な借金を作り、千代を頼ってきたのだ。借金の相手はヤクザだった。ドラマでは2000円となっていて、「千代が何年ただ働きをしても返せない大金」と表現されている。

 父親が借金取りのヤクザと話している現場を目撃した天海一平(成田凌。後の千代の夫)は、相手の話しぶりや「娘を売る」などのキーワードから、ヤクザと父親が、千代を「怪しい料亭」に奉公させるのだろうと推測した。関西でいう「怪しい料亭の仲居」とは、ちょんの間の売春婦である。

 博徒の寄生基盤は、庶民に根付いていた自己責任の概念だ。当時の庶民には、博奕の借金はなにがなんでも返さねばならず、返済のために田畑、家屋敷、娘を売っても致し方ないという考えが根強くあった。

 元来、賭客は現金を持たないと博奕に参加できない。

 ヤクザはテルヲに若い娘がいるのを知っていたのだろう。回収できなくても娘を売ればいい。だからどんどん金を貸し付け、博奕にハメた経緯が想像される。

『岡安』の女将・岡田シズ(篠原涼子)は、ヤクザが取り立てに来た当日、わざわざ彼らを店に上げてから千代を逃がし、請求額の2000円のうち200円だけを支払って話を付けた。今なら警察に相談するような話だが、当時は常識が違う。ヤクザが出てきた時点で、シズは地元のヤクザの親分に相談していたのだろう。相談を受けた親分は喜んで手助けする。繁華街のヤクザにとって地元の商家は“隣人”だからだ。地域の旦那衆を守り、金は自分の賭場に落としてもらわねばならない。

 ヤクザの関与は、掛け合いでシズが切った啖呵をみても明らかだ。

「余所者が調子に乗ってたらどないなことになるか、わからしまへんで。ああ、そないいうたら先週も、他所から来たヤクザもんが道頓堀川に浮いてはりましたなぁ」

 彼女は“自分のバックには地元のヤクザがいて、あまりごねると殺されるぞ”と恫喝したのだ。

 当時は芝居の他、興行全般がヤクザのシノギだった。実際、荷(芸能人)を巡って何度も殺し合いが起きている。この放送回の最後では「ここは芝居の街、全部芝居だ」(だから“ヤクザの脅し”も芝居だ)というオチになったが、それはあくまで今の暴力団排除の世相を反映させたエクスキューズにすぎない。

関連記事

トピックス