国内

緊張感無き「宣言解除」リバウンド回避には「脱馴化」が必要

(写真:共同通信社

第4波襲来の声も聞かれるが…(写真/共同通信社)

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になったニュースや著名人をピックアップ。心理士の視点から、今起きている出来事の背景や人々の心理状態を分析する。今回は、3月21日で解除されることが決定した緊急事態宣言について。

 * * *
 首都圏1都3県に発令されていた緊急事態宣言が解除されることとなった。菅義偉首相は3月17日、期限の21日に全面解除する方針を表明、その理由を感染者や病床使用率の数字が解除の方向に入っているためと述べた。だが、その顔色は悪く表情は冴えなかった。

 きっと首相自身が一番そう思いたい、そうなって欲しいと願っているのだろう、ぶら下がり取材の言動を見てそう感じた。「なぜここで」という記者の問い掛けに、「なぜというよりも」とそれが妥当な判断だとして説明した。相手を納得させるというより、証拠を示して分らかせようとしたかった、そんな印象を受けた。

「解除してリバウンドは防ぐことは可能か」と質問されると、「あの~」と一拍間を置いたが、「緊急事態を宣言してから現実的に(感染者数は)8割下がってきている」と語気を強めた。淡々とした表情で、手振りもほとんどないまま終了することが多い菅首相だが、この時は珍しく左手を上げて下がっていることを強調、大きく頷きながら言葉を続けた。

 だが、感染者数は下げ止まるどころかリバウンドをし始めており、17日の東京では新たに409人の感染が確認され、1か月ぶりに400人を上回った。FNNプライムオンラインは解除の理由について、「宣言をこれ以上延長しても効果が薄れるだけ」「ここで解除しなければ、いつまでも解除できない」とする政府関係者の話を伝えているが、おそらくこれが政府の本音だろう。

 コロナ疲れに自粛疲れ、緊急事態宣言への慣れ、気の緩み。3月に入り人々の間に流れているのはそんな空気だ。

関連記事

トピックス

えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
3人息ぴったりの「お家芸」はお茶の間を沸かしてきた
上島竜兵さん追悼 老若男女問わず幅広く愛された“伝統芸”と人柄
女性セブン
小室圭氏と小室眞子氏
始球式中止騒動のニューヨーク総領事は小室圭さん・眞子さん夫妻の“守護者”だった
NEWSポストセブン
浅田舞がパチスロをする姿や浅田真央との腕組私服姿もキャッチ
浅田真央 固くなる姉との結びつき、父との断絶…セカンドキャリアへの不安
女性セブン
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
NEWSポストセブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン