芸能

清原果耶が名匠から引っ張りだこ状態 カギは「分厚い演技」

5月スタートのNHK朝ドラ「おかえりモネ」でヒロインを演じる(時事通信フォト)

5月スタートのNHK朝ドラ「おかえりモネ」でヒロインを演じる(時事通信フォト)

 俳優の成田凌とダブル主演を務めた『まともじゃないのは君も一緒』(3月19日公開)をはじめ、今年続々と出演映画が公開されている女優の清原果耶(19)。昨年3月に高校を卒業し、本格的な芸能活動をスタートさせてから丸1年、彼女は着実に成果を上げている。

 2015年、NHK連続テレビ小説『あさが来た』で中学生にして女優デビューを飾った清原。その後はテレビやCM、映画などで活躍を続け、2018年にはドラマ『透明なゆりかご』(NHK総合)で初の主演に挑戦。作品の高い評価も相まって数多くの賞を受賞した。

 同年には10代女性向けのファッション誌『Seventeen』の専属モデルにも抜擢。翌2019年には単独で表紙を飾るほか、連載「かやのなんやかんや」もスタートし、ポップアイコンとして同世代の若者を中心にカリスマ的な人気を集めるようになっていく。

 2020年3月に高校を卒業すると、上京して本格的な芸能活動を開始。藤井道人監督の話題作『宇宙でいちばんあかるい屋根』で映画初主演を務め、人気歌手のCoccoが作詞・作曲を手がけた主題歌「今とあの頃の僕ら」では、前年に公開された映画『デイアンドナイト』に続き歌唱の才能も披露した。

 とりわけ2021年に入ってからは矢継ぎ早に出演映画が公開されている。『花束みたいな恋をした』では物語のキーとなる人物を演じ、前述の『まともじゃないのは君も一緒』では主演として活躍。他に『砕け散るところを見せてあげる』や『護られなかった者たちへ』の公開も予定されており、コロナ禍のため公開延期となったもののヒロインを務めた『夏への扉 —キミのいる未来へ—』も控えている。

 飛躍を遂げつつある彼女の魅力について、映画ライターのSYO氏が分析する。

「清原果耶さんの魅力はやはり、第一に図抜けた演技力といえるでしょう。とことん役と向き合い、台本を読み込み、綿密な演技プランを立てて自身の最適解を導き出し、観る者の心を震わせる分厚い演技を繰り出す。

 ヒロインを演じた2017年公開の『3月のライオン』では『るろうに剣心』の大友啓史監督、『デイアンドナイト』『宇宙でいちばんあかるい屋根』では『ヤクザと家族 The Family』の藤井道人監督と組むなど、名匠たちから引っ張りだこなのも納得です」

関連キーワード

関連記事

トピックス

自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本気なのか(時事通信フォト)
アンジャッシュ渡部建、復活の兆し 芸人仲間の「いじりネタ」とグルメキャラで浮上か
NEWSポストセブン
本田圭佑監督か
サッカー日本代表「次の監督は本田圭佑」に期待する声 実現への“最大の壁”は
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン