芸能

舞台ドタキャンの窪田正孝 水川あさみと結婚で「人が変わった」の声

朝ドラ『エール』は異例づくしの撮影

舞台出演を断ったという窪田(写真は昨年11月)

 夫が大役に抜擢されれば妻は大喜び、とは限らないようだ。3月17日、往年の人気映画『酔いどれ天使』の舞台化が発表された。演出は映画監督として知られる三池崇史(60才)、主演は桐谷健太(41才)で、高橋克典(56才)や佐々木希(33才)らが脇を固める。ただ、当初の予定では、主演は窪田正孝(32才)のはずだったという。

「情報解禁の2週間前になって窪田さん本人から降板の申し出があったんです。三池監督は、デビュー間もない窪田さんの才能をオーディションで見抜いてドラマに起用した、いわば恩人。三池監督に顔向けできないと関係者も大慌てでしたよ。今回の作品は、黒澤明監督と三船敏郎さんが初めてタッグを組んだ、日本映画史でも重要な映画の舞台化で、彼にとっても大事な作品になるはずでした」(舞台関係者)

 窪田を説得しようにも意志が固いため翻意せず、事務所スタッフは関係各所に頭を下げて回ったという。

「ドタキャンの理由は『コロナ感染リスクを避けるため』というのですが、現在、窪田さんは10月期のドラマ『ラジエーションハウス』(フジテレビ系)の撮影に入っています。感染リスクはドラマの撮影現場でも同じはずなのに……」(前出・舞台関係者)

 関係者もいまいち納得できない様子なのである。この背景に、ある女性の存在があると芸能関係者は語る。

「妻の水川あさみさん(37才)の言いなりになっているのでは、ともっぱらの噂です」

 約2年の交際を経て2019年に結婚したふたりは、芸能界のおしどり夫婦として知られている。本誌も、ベージュ×黒のリンクコーデで都内を散歩している姿や、梅雨空の下をドライブしている姿など、たびたび仲睦まじいふたりを目撃している。

「窪田さんは、アイスを1日30本も食べるなど偏食で有名でしたが、水川さんと結婚したことでかなり食生活が改善したようです。プライベートの面では、結婚が吉と出ていますね」(別の芸能関係者)

 水川は、2016年に所属していた事務所から独立している。

「水川さんはいま、自分で仕事を選んでいます。仕事へのこだわりがかなり強いので、ギャラがよくても断ることもあるんだとか。納得した仕事だけを引き受けたいというスタンスは、おそらく、水川さんが尊敬する女優の影響でしょう」(前出・芸能関係者)

 その女優とは宮沢りえ(47才)だ。水川と宮沢は2011年のNHK大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』で共演した。

「そこで意気投合した2人は“あさみ”“りえさん”と呼び合う仲になり、いまでもかなり親しいんです。個人事務所で活動するりえさんは、仕事を決めるのもスポンサーへの挨拶回りもすべて自分でやっていて、水川さんも影響を大いに受けている。最近でも、りえさんの存在を“圧倒的だと思う”と絶賛しています」(前出・芸能関係者)

関連記事

トピックス