• TOP
  • 芸能
  • 神田うのが献身介護 “1000億円社長”の夫が脳梗塞で搬送されていた

芸能

2021.04.01 07:00  女性セブン

神田うのが献身介護 “1000億円社長”の夫が脳梗塞で搬送されていた

家族で仲よく

うののバースデーを祝いに行く家族

 神田うの(46才)といえば、“セレブ”“ブランド好き”“お騒がせ”といった印象をお持ちのかたが多いかもしれない。うの自身が芸能人にもかかわらず、すべてをさらけ出す性格だからだろう。NGのない彼女にしては珍しく隠していた事実は、意外にも家族の絆を感じる心温まる話であった──。

 エルメスの最高級バッグ・バーキンのコレクションを披露したかと思えば、1粒1万7000円のいちごを食べたり。神田うのは最近、セレブ生活を見せる場をSNSやYouTubeに移している。ただ、そんな突き抜けた陽気さの裏には、本人も想像だにしなかった驚くべき苦労と努力があったことを知る人は少ない。

「実は昨年末以降、うのさんは旦那さんの看病に大忙しでした。ご主人が脳梗塞で救急搬送されていて、1か月以上入院する大ごとになっていたのです」(うのの知人)

 うのの夫といえば大手パチンコチェーン社長の西村拓郎氏(51才)。ふたりの出会いは1998年で、結婚に至るまでは9年の年月が掛かった。

「最初、うのさんにとって西村さんは恋愛対象ではなく、ただの遊び友達でした。が、交際を始める前から西村さんは、うのさんに惚れ込んでプロポーズをしていましてね。『ぼくの人生を全部きみにあげる』とか、とっても情熱的でした。うのさんがその熱意に押し負けた形で、交際がスタートしたんです」(芸能関係者)

 2007年、うのが32才のときにふたりは結婚。年商1000億円以上の経営者との結婚は超セレブ婚といわれた。その名に恥じず、総費用6億円を掛けたホテルニューオータニ(東京・赤坂)での結婚披露宴をはじめ、ハワイやモルディブ、ニューカレドニアなどで結婚式を繰り返した。

「なんと合計9回。うのさんは結婚式が趣味と語っていましたが、彼女がデザインするウエディングドレスの宣伝のためという計算もあったのでしょう。そうだとしてもケタ違いにすごいですが……」(前出・芸能関係者)

 うの自身も、ウエディングドレスやストッキングのデザイナーとして大成功。セレブ同士の結婚は、当時の世間の興味の的となっていた。

「結婚してすぐは衝突の連続だったみたいですよ。お互いお金を持っているから、家庭に収まるという意識もないですしね。人前でも、うのさんが西村さんを罵倒して、西村さんがそれにうんざりしている様子も目撃され、ふたりが離婚を口にすることも増えました。離婚報道が頻発したのもこの頃です」(前出・芸能関係者)

 ところが2011年、うのが長女を出産すると、それまでの夫婦に変化が訪れる。

関連記事

トピックス