• TOP
  • 国内
  • 小室文書 天皇陛下に触れないのは「結婚をスムーズに進める」ためか

国内

2021.04.18 07:00  女性セブン

小室文書 天皇陛下に触れないのは「結婚をスムーズに進める」ためか

天皇陛下への言及を避ける(時事通信フォト)

天皇陛下へ言及しなかった(時事通信フォト)

 秋篠宮家の長女・眞子さまの婚約内定者の小室圭さんが4月8日、結婚の障壁となっている母・佳代さんと元婚約者Aさんとの金銭トラブルなどについて説明する文書を発表した。その文書は28ページにも及ぶものだったが、とても大切なことに触れていない。それは、天皇陛下の存在だ。

 陛下は今年2月の誕生日会見で、「眞子内親王がご両親とよく話し合い、多くの人が納得し喜んでくれる状況になること」を願われた。それにもかかわらず、文書内で小室さんは秋篠宮さまには言及したものの、陛下については“無視”している。

「陛下に触れることは畏れ多いと捉えたのかもしれませんが、会見でも前代未聞の発言をされるなど多大な心配をおかけした陛下に“心配をおかけしました”“大変申し訳ないことをしました”とお詫びの一言でも、あっていいように感じます。まったく触れないということには、何かしらの意図を感じざるを得ません。

 陛下は“蚊帳の外”にいらっしゃる方が結婚のプロセスをスムーズに進められるという、眞子さまや秋篠宮ご夫妻によるアドバイスがあったのかもしれません」(皇室ジャーナリスト)

 今回の文書では徹底的に「自分や母親は何も悪くない」という内容が綴られた。

「皇族方やAさんをはじめ、各所に迷惑をかけていることは確かです。一般常識的に、一言くらいはお詫びの言葉があってもいいと思いませんか。そんな心遣いなしに、『認めません』ということだけを主張されたら……やはり内親王のご結婚相手として、将来の天皇の義兄としてふさわしい方なのか疑問は残りますね」(皇室ジャーナリスト)

《全てを訂正し始めると訂正しそびれたものが真実であると決めつけられる危険性》があるとは小室さん。その言葉を盾に、謝らず、都合の悪いことには言及せず、困っている相手を徹底的に論破──その人間性は国民に受け容れられるだろうか。

※女性セブン2021年4月29日号

関連記事

トピックス