国内

「p案件」「大人10」隠語飛び交う、パパ活斡旋LINEの実態

パパ活斡旋LINEはどう行われる?(写真はイメージ)

パパ活斡旋LINEはどう行われる?(写真はイメージ)

 男性とのデートの見返りに金銭を受け取る「パパ活」。この言葉が生まれた2015年頃とは変わって、いまでは一歩進んだ“大人の関係”を伴うデートも「パパ活」と呼ばれるようになった。

 女性たちがパパを見つける手段のひとつが、グループLINEだ。本誌・週刊ポストは、とあるパパ活斡旋グループの実際のLINE画面を入手した。参加人数は、登録数上限となる500人。満員御礼状態の登録者は、全員女性だ。この中には“パパ活女子”と、男性との仲介役を担う“斡旋女子”の双方が含まれる。

 投稿は主に“斡旋女子”によるもの。性行為なしの食事、お茶を意味する「p(パパ)案件」や、肉体関係を持つ「オトナ」といった隠語が飛び交い、金額、日時や場所を提示。条件が合うパパ活女子に対して、「個別にLINEをください」と呼びかけている。自らもパパ活をしながら、グループLINEで募集した女性をパパに紹介もしているSさん(28)はこう打ち明ける。

「こういうグループは無数にありますね。私自身、パパと交流するうちに“こんな女の子を紹介してほしい”と頼まれるようになった。自分の知人でその条件に当てはまる女性がいる場合は直接紹介しますが、該当者がいない場合に、不特定多数の女の子に募集をかけられるLINEのグループはうってつけ。パパ活女子は、どんどん知人の女の子をグループに招待してくれるので、すぐに500人規模に到達します」

 LINEで発信した条件に合う女性が見つかると、いよいよパパに仲介する。

「LINEアカウントをお互いに教えることが多いですが、稀にお見合いに立ち会うこともあります。そんな時はお手当をいただいて、パパにも女性にも感謝されることが多いので、やりがいを感じています」

関連キーワード

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
『鎌倉殿の13人』にどんな類似性が?(番組公式HPより)
『鎌倉殿の13人』は実録ヤクザ映画だ 鈴木智彦氏が分析する山口組との類似性
週刊ポスト
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
上海のウルムチ路でデモは起こった
習近平主席への「中国コロナ一揆」ルポ 天安門事件以来となる“全土での抗議活動”に
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン