• TOP
  • 芸能
  • 「薄っぺらく感じる」東山紀之が近藤真彦退所に厳しい批判を向けた心情

芸能

2021.05.04 07:00  NEWSポストセブン

「薄っぺらく感じる」東山紀之が近藤真彦退所に厳しい批判を向けた心情

近藤真彦の退所に東山紀之の思いは…

近藤真彦の退所に東山紀之の思いは…

 冷静な表情ながらも、言葉には怒気が込められていた。昨年11月、『週刊文春』が近藤真彦と25歳年下女性の5年間にわたる不倫関係をスクープ。近藤は活動自粛に追い込まれ、今年4月中旬に本人から申し入れがあり、30日に近藤の文面とともにジャニーズ事務所の公式ホームページで退所が発表された。

 このことについて、東山紀之が5月2日、メインキャスターを務める『サンデーLIVE!!』(テレビ朝日系)で「今回の退所の仕方に、大きな疑問が残っている」と厳しく批判した。

 その理由について、「後輩たちにもファンの人たちにも、何の説明もなかったので。僕らはたくさんのファンの人たち、スタッフの人に支えられていますから。それと向き合うというのは礼儀の一つだと思う。マッチさんのために、自分自身を犠牲にして助けてきたスタッフの方をたくさん知っている。その人たちの思いは、マッチさんはどう受け取っているのかなって。退所のコメントでも、すごく薄っぺらく感じるんですね」と思いの丈を述べた。テレビ局関係者が推察する。

「番組スタッフも意外だったでしょう。過去のVTRでマッチが東山を褒めている映像を流しており、穏便に終わらせる意図も見え隠れしていた。東山はその映像には全く触れず、非常に厳しい言葉を並べた。想定外の反応だったと思います」

 近藤真彦の退所は、東山にも多くのスタッフにも寝耳に水だったという。近藤は1979年の『3年B組金八先生』(TBS系)の生徒役で脚光を浴び、1980年12月12日に『スニーカーぶる~す』で歌手デビュー。翌年には日本レコード大賞などの最優秀新人賞を総なめし、NHK紅白歌合戦にも出場した。芸能記者が語る。

「田原俊彦、野村義男との『たのきんトリオ』で出演した映画も第6弾まで作られるほど興行収入が良かった。その中で、主演の回数は近藤真彦が1番多い。レコード売上枚数でも田原より上でしたし、キャパシティの大きい日本武道館公演も成功させていた。ソロアイドルとしては異例でした。1980年代前半の近藤の人気は凄まじかったですよ」(以下同)

関連記事

トピックス