• TOP
  • 芸能
  • 東山紀之は近藤真彦を守り続けた…痛烈批判の裏の「40年間の愛憎」

芸能

2021.05.08 16:00  女性セブン

東山紀之は近藤真彦を守り続けた…痛烈批判の裏の「40年間の愛憎」

退所を発表した近藤真彦への批判が収まらない背景は?

マッチと東山の約40年にわたる関係とは

 4月30日、マッチこと近藤真彦(56才)が、ジャニーズ事務所の退所を発表した。マッチは昨年11月に、25才年下女性との5年に及ぶ不倫が『週刊文春』に報じられ、芸能活動を自粛中だった。退所という決断に、多くの後輩たちから感謝のコメントが寄せられるなか、異彩を放ったのが東山紀之(54才)のコメントだ。5月2日、キャスターを務める『サンデーLIVE!!』(テレビ朝日系)に生出演した東山は、険しい表情を浮かべて先輩の退所に苦言を呈したのだ。

「東山さんは、退所の前にマッチさんから後輩やスタッフに一切の説明がなかったことを明かし、『退所の仕方に大きな疑問が残る』、『自分を犠牲にしてきたスタッフの思いを、マッチさんはどう受け止めるのか』、『退所のコメントも薄っぺらく感じる』と言い放ちました。異例ともいえる辛辣な内容に、多くのファンや関係者から戸惑いの声が上がりました」(テレビ局関係者)

 誰もが驚いた東山のマッチ批判。その厳しい発言の裏側には、約40年にわたる2人の“薄っぺらではない関係”が潜んでいた。

 2才違いのマッチと東山が初めて出会ったのは1979年、マッチにとって芸能界デビューとなったドラマ『3年B組金八先生』(TBS系)の打ち上げの場だった。

「会場は新宿にあるボウリング場でした。東山さんは事務所の関係者に連れられて来ていたようで、マッチさんは『お前か! 新しいジャニっ子は!』と先輩風を吹かせたそうです。のちにジャニーズの長男、次男と呼ばれる2人ですが、このときから本当の兄弟のような関係が始まりました」(芸能関係者)

 田原俊彦(60才)、野村義男(56才)との『たのきんトリオ』で一世を風靡したマッチは、1980年12月12日に『スニーカーぶる~す』でソロ歌手デビューを果たした。それから5年後の同じ日に『仮面舞踏会』でデビューしたのが、東山と錦織一清(55才)、植草克秀(54才)の少年隊だ。

「デビューまでの5年間、少年隊はマッチさんのバックダンサーを務めていました。東山さんは絶頂期のマッチさんの背中をずっと見ていて、少年隊としてブレークした後に、『いまの自分があるのはマッチさんのおかげ』と公言しています。華やかな姿だけでなく、マッチさんの人に見せない苦悩や努力も目の当たりにし、芸能界で成功する秘訣を学んだという思いがあるのでしょう」(前出・芸能関係者)

 若い2人は、私生活でも濃密な時間を過ごした。

「当時は事務所の寮生活。マッチさんが夜遅く帰ると、東山さんが下りてきて、『お帰りなさい。お腹空いていますか』と夜食を作っていたそうで、夜中にバイクで一緒にツーリングに出かけることもあったそうです。青春時代をともに過ごした2人の絆は強く、お互いに結婚して子供ができてからも、家族ぐるみの交流を続けていました」(マッチの知人)

関連記事

トピックス