ライフ

「あんこ」にハマる舘ひろしがオススメ とっておきの和菓子店5選

 渋くていつまでもかっこいい舘ひろしさん。そんな彼が大の甘党だということをご存知だろうか。特にハマっているのが「あんこ」だ。

「味の好みはコンサバ、気に入ったらずっと食べ続ける」という、“あんこに一途な男”舘さんが食べ続ける、絶品和菓子5選を紹介する

柿安 口福堂 ラゾーナ川崎プラザ店

口福堂の

「舘さんは、おはぎを配る場に合わせて熨斗にもこだわるんです。そのアツい思いに応えたい!」(営業部長代行・松葉久幸さん。撮影/菅井淳子)

神奈川県川崎市幸区堀川町72-1ラゾーナ川崎プラザ1F

 石原プロの名物を引き継ぎ、おはぎの差し入れが復活。舘プロが新たに選んだ『柿安 口福堂』は、精肉や惣菜で知られる『柿安本店』が展開する和菓子店で、親しみやすく本格的な味が人気。事務所立ち上げの際には、『おはぎ(つぶ)』(129円)2000個が振る舞われた。

「甘すぎないところもぼくの好み。理想に近い味でした」(舘さん・以下同)

ザ・キャピトルホテル 東急 ラウンジ「ORIGAMI」

抹茶の香りとミルクアイスの爽やかな風味がぜんざいに合う。『抹茶ぜんざい』(1771円)

抹茶の香りとミルクアイスの爽やかな風味がぜんざいに合う。『抹茶ぜんざい』(1771円。撮影/阿部健太郎)

東京都千代田区永田町2-10-3 3F

 色みも爽やかな『抹茶ぜんざい』(1771円)は、舘さんが仕事の打ち合わせでよく利用するホテルのラウンジの看板メニュー。

「ここに来たら、必ずオーダーするデザート。一緒にいる人全員にすすめるくらい、おいしいんですよ」

梅花堂

丸々とした『大福餅』(1個150円)。弾力のある皮となめらかなつぶあんが館さんのお気に入り

丸々とした『大福餅』(1個150円)。弾力のある皮となめらかなつぶあんが舘さんのお気に入り(撮影/菅井淳子)

愛知県名古屋市千種区末盛通1-6-2

 さつまいもを生地に練り込んで蒸す、名古屋発祥の和菓子『鬼まんじゅう』の名店。昭和4年の開店当時から変わらない味で愛され、昼過ぎにはほとんどの和菓子が売り切れる人気ぶり。

「名古屋に行ったら、ぜひ訪れてほしいお店です。『大福餅』(1個150円)はレンジで少し温めてもおいしいです」

御菓子所 芳光

こしあんがとろりと溶けるようにあふれ出す、『わらび餅』(1個310円)。注文後に振りかけるきな粉の香りが豊か

こしあんがとろりと溶けるようにあふれ出す、『わらび餅』(1個310円)。注文後に振りかけるきな粉の香りが豊か(撮影/菅井淳子)

愛知県名古屋市東区新出来1-9-1

 上質な素材で作られる見た目にも美しい和菓子は、茶人や著名人も絶大な信頼を寄せる。なかでも、あんこ入りの『わらび餅』(1個310円)は一度食べたら忘れられない逸品。

「母の代からずっと通っています。お正月に帰省したら必ずわらび餅と季節の生菓子『椿餅』を何箱も買って、東京の皆さんに配っています」

赤福

三重県伊勢市宇治中之切町26番地

 餅の上になめらかなこしあんをのせた『赤福餅』は、伊勢を代表するお土産。

「ぼくは基本的につぶあん派だけど、赤福は別格。関西方面に行ったら必ず買って、新幹線で食べます」

※女性セブン2021年5月20日・27日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
SNSでの発信力も大きい新庄ビッグボス(時事通信フォト)
新庄ビッグボスのインスタ投稿が波紋 「ファンとそれ以外の分断を煽る」の指摘も
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン