• TOP
  • 国内
  • 「余命数週間」と告げられたがんステージIVのママ 1才になる娘への言葉

国内

2021.06.05 07:00  女性セブン

「余命数週間」と告げられたがんステージIVのママ 1才になる娘への言葉

出産も卵巣摘出手術も

間もなく娘は1歳を迎える(写真提供/和さん)

 21才でステージIVのがん宣告を受けた。23才で出産。この5月末には、「余命数週間」と告げられた。それでも彼女は「娘にさみしい思いはさせない。一緒に生きて成長を見守る」と、もうすぐ1才の誕生日を迎える娘との未来を見据えている──。

「今日、やっと退院できました。とはいえ体調はよくなったわけではなくて、いまも39℃の熱があります。麻薬系の強い鎮痛剤を使っているので、ぼーっとしてる感じが続いていて……。久々に娘に会えたのはものすごくうれしいけれど、かなりしんどいです」

 青森県出身の遠藤和(のどか)さん(24才)は、ステージIVの大腸がんを患い、闘病中だ。『女性セブン』2021年6月10日号で掲載した記事《大腸がんステージIVのママ「10年後のあなたに会いたい」》では、愛娘の成長をなんとしても見届けたいと不屈の気持ちで闘病に臨む彼女の姿を詳報し、大きな反響を呼んだ。編集部には「和さんの生き方に私も励まされています」「絶対に元気になりましょう」といったメッセージが続々と寄せられている。

 和さんは都内の病院に3週間ほど入院し、5月27日に退院。夫の遠藤将一さん(30才)と、約1か月後に1才の誕生日を迎える娘が待つ家に帰ってきた。

「退院前日、担当医から『余命は数週間』と言われました。この2か月くらいは人工肛門や腎ろうの造設手術をしていたので、抗がん剤治療ができていない状態で……。

 そもそも『抗がん剤の効果がなくなってしまったので、これ以上の治療は難しい』と言われている状況です。新しい治療法がなかったら、私、死んじゃうかもって思います。その一方で、新たな治療法を見つけて、うまく私に合えば治るんじゃないかと期待する気持ちも強いです」(和さん)

初めて娘を抱っこ「軽すぎて怖かった」

 高校時代から何度も原因不明の腹痛に襲われていた和さんは、2018年9月、21才のときに大腸がんであることが発覚。その2か月後、「ステージIV」であると宣告を受けた。

「抗がん剤治療で生殖機能が損なわれるおそれがある」と医師に告げられたことから、和さんは2018年10月に卵子を採取、凍結保存していた。

「本当は妊娠率が高いとされる受精卵を保存したかったのですが、当時は結婚していなかったのでかなわず、せめて卵子だけでも保存しておこうと思って。子供を持つ夢をどうしても諦めたくなかったんです」(和さん)

関連記事

トピックス