• TOP
  • 芸能
  • 安藤政信の人気がV字回復「何も始まっちゃいねぇよ」の思い

芸能

2021.06.07 19:00  NEWSポストセブン

安藤政信の人気がV字回復「何も始まっちゃいねぇよ」の思い

安藤政信の姿を目撃

安藤政信の姿を目撃

 5月26日の夜、岡田准一(40才)の主演映画『ザ・ファブル』の公開直前プレミアイベントを終えた俳優の安藤政信(46才)が会場から出てきた。舞台あいさつでは、ジャケットからインナーまでシックな黒で統一したフォーマルなスーツ姿だったが、私服はゆるめなプリントTシャツにビーチサンダル。アラフィフに差し掛かっても、少しやんちゃなストリート系ファッションである。

 北野武監督の映画『キッズ・リターン』(1996年)でデビューし、日本アカデミー賞新人賞などの各賞を総なめしてから25年。ドラマや映画で主演をすることは少ないが、名バイプレイヤーとして活躍を続けている。

 あるベテランのエンタメ誌編集者は「金子賢さん(44才)と二人してみずみずしい演技を披露したデビュー作で一躍人気になると、当時は若い女性たちからの人気もすぐに獲得しました。大手芸能事務所にも所属していたので、20世紀末を彩るスターの誕生だと思われていました」と振り返った。

 ただ、俳優業よりもファッションモデルや写真家など、こだわりの強いアーティスト路線を進んだ。当時のことを安藤は最近、テレビ東京のインタビューで「昔は人を受け入れず、自分独りの世界にいて“俺は俺でいい”というスタンスでやっていた」(テレ東プラスより)と振り返っていた。

「高倉健さん主演の日本アカデミー賞最優秀作品賞『鉄道員(ぽっぽや)』(1999年)にも出演していましたが、仕事を選んでいて、癖が強かったですね」(前出・ベテランエンタメ誌編集者)

 特に20代後半から30代と最も脂の乗るはずだった2000年代には、テレビドラマには一切出演しなかった。たまの銀幕だけでの活躍では、自然とお茶の間での馴染みは薄くなる。

「3年間ぐらい全く仕事をしなかった時期もあったそうです。“ドラマはやりたくない”と言ったり、一方で海外旅行にハマっていたりと、自分のやりたいことを優先していたようですね」(安藤を知る芸能関係者)

 一時は「引退説」まで出るほどだったが、2014年に結婚すると、所属事務所も何度も変えて、ドラマにも出演するように変化していった。安藤は、前出のテレ東プラスのインタビューで、「子どもが生まれたことも大きいですね。いざやってみると、今まで何をやっていたんだ?何で拒絶していたんだろう??という気持ちになりました。《中略》気づくのに20年もかかりました」と話している。

関連記事

トピックス