芸能

さんま、木村拓哉…最高傑作の呼び声高い『古畑』第2シリーズの犯人

田村正和さんが出演した名作ドラマの数々はどこまで再放送されるか(時事通信フォト)

第2シーズンも豪華ゲストがずらり(時事通信フォト)

 4月に静かに亡くなった田村正和さん(享年77)の代表作といえば、スペシャル版も含めて約12年にわたり人気を博した刑事ドラマ『古畑任三郎』(フジテレビ系)だ。

 このドラマの見どころのひとつが、毎話登場する豪華なゲストたち。全3シリーズのなかでも最高傑作と呼び声も高い第2シリーズのゲストを紹介する。

・第1話 「しゃべりすぎた男」明石家さんま(65才)

vs明石家さんま

vs明石家さんま

“お笑い怪獣”が犯人役を演じ話題に。敏腕弁護士(明石家さんま)が結婚の邪魔になった恋人を殺害。しかし逮捕されたのは古畑の部下である今泉だった……。クライマックスシーンのさんまとの弁論対決に注目が集まった。

・第2話 「笑わない女」沢口靖子(55才)

『澪つくし』でヒロインを務めた沢口靖子(時事通信フォト)

vs沢口靖子(時事通信フォト)

 清純派の沢口が犯人役を演じた本作。厳しい校則を厳守すべきと考える全寮制女子高の教師が、人気の男性教師を殺害する。シリーズ初となる「動機当て」が最大のみどころに。

・第3話 「ゲームの達人」草刈正雄(68才)

『なつぞら』には『真田丸』と同じスタッフが入っているという

vs草刈正雄

 友人であり、不倫相手の夫でもある推理作家を殺害する主治医(草刈正雄)。犯人役の草刈と古畑役の田村さん、昭和を代表する二枚目役者同士の対決シーンが印象的。

・第4話 「赤か、青か」木村拓哉(48才)

 天神大学電子工学部研究助手(木村拓哉)は、遊園地の観覧車に爆弾を仕掛けた後に出くわした警備員を殺害。当時23才で人気絶頂だった木村が犯人役になったことで、大きな話題に。

・第5話 「偽善の報酬」加藤治子(享年92)

加藤治子

vs加藤治子

“上品なお母さん”のイメージが定着していた加藤が犯人役に。物語で古畑はすぐに犯人をつきとめるが、凶器がわからない。「動機当て」に続く、「凶器当て」をテーマにした作品。

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン