• TOP
  • 芸能
  • 『愛の不時着』素朴なギモンを脱北民の目線で検証

芸能

2021.06.15 16:00  NEWSポストセブン

『愛の不時着』素朴なギモンを脱北民の目線で検証

「愛の不時着」展 

(c)CultureDepot.(c)STUDIO DRAGON CORP. 「愛の不時着」展は現在名古屋で開催中(~7月4日)。名古屋会場受付で当日券も絶賛販売中。

 人気韓国ドラマ『愛の不時着』が北朝鮮でも人々を夢中にさせているという。セトミン(脱北者)のユーチューバーたちがそんな実情を伝えながらドラマのレビューをして韓国では話題になっている。

 韓国の財閥令嬢ユン・セリ(ソン・イェジン)がパラグライダーで飛行中、北朝鮮に不時着したことから始まる北朝鮮軍のリ・ジョンヒョク(ヒョンビン)との愛のドラマ。今年1月に東京から巡回が始まった『「愛の不時着」展』は、現在名古屋会場(ナディアパーク地下1F特設会場)で好評開催中。日本でも絶大な人気が続く。

 ドラマを通して知る北朝鮮での生活や習慣は、韓国人である筆者でも知らなかったことが多く、興味深い。ドラマを見ていてギモンだったことも、そうだったのか! と納得できるので、ここでいくつか紹介していきたい。

38度線にエリートの息子が所属されるの?

 まず、北朝鮮の軍人・リ・ジョンヒョクの父である「総政治局長」はどのくらい偉いのか。総政治局長は、北朝鮮に実在する役職だ。金正恩総書記の下には「総政治局」、「総参謀部」、「人民武力省」の3つの部がある。セトミンによると、金正恩は軍より党の力を強くする政策を発表したため、実際の権力は、総参謀部長より総政治局長の方がはるかに上だと言う。では、それほど権力を持つ総政治局長の大切な息子が、軍の中でも最もきついと言われている国境38度線を守る部隊に配属することはあり得る話なのか。

 ちなみに、韓国でも、北朝鮮との国境である38度線付近の部隊は、過酷と有名だ(私の父が服役していた部隊がまさに38度線がある部隊で、大変だったということは30年以上聞いているのでよ~くわかる)。一般には服役する部隊を選ぶことはできない。なので、特別な権力を持つ財閥や政治家の多くは自分の息子が楽な部隊に配属されるよう、中でも38度線を守る部隊には配属されないように、あらゆる権力を使うことは有名な話だ。

 だから、リ・ジョンヒョクの父が北朝鮮のナンバー2ともいえるほどの権力者であるとわかって、「“金スプーン(※)の中の金スプーン”が行く部隊ではないのでは?」と、疑問を持つ韓国人は多かったはず。(※ 金スプーン:親が金持ちである子供のことを示す言葉。ちなみに貧しい親を持つ子供のことは「土スプーン」)

 しかし、総政治局長の息子が38度戦を守る部隊の大尉である設定は、リアルすぎる設定だと、セトミンたちは言う。北朝鮮では、偉い階級の出身であればあるほど、過酷な部隊に配属されることを望むらしい。なぜなら大変な部隊で忠義を果たしたら、その後、恥じなく高い地位につける雰囲気だからだ。昇進も3倍速くらいという。もちろん、服役中も他の軍人よりは自由行動が許されている。

関連記事

トピックス