芸能

夏ドラマが“過去最速”でスタート 五輪だけじゃないTV局の事情

21日スタートの新・月9ドラマで主演を務める(時事通信フォト)

波瑠主演の月9は6月21日からスタートした(時事通信フォト)

 通常であれば7月第2週目以降にスタートすることの多い夏ドラマ。それが今クールでは、各局とも“過去最速”とも言える早い時期に放送をスタートさせている。そこにはこの夏に開催予定の東京オリンピックだけではない、ある理由があるという。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
 6月21日、まだ春ドラマが終わっていない時期であるにもかかわらず、新たな月9ドラマ『グッド・ドクター』(フジテレビ系)がスタートしました。ネット上に「もう夏ドラマ?」という声もあがっていましたが、驚いてしまうのは当然でしょう。

 しかし、今年はその他の夏ドラマも明らかにスタート日が早いのです。下記にプライム帯で放送されるドラマのスタート日を放送順に挙げていきましょう。

『ナイト・ドクター』(フジテレビ系、月曜21時)6月21日スタート
『IP~サイバー捜査班』(テレビ朝日系、木曜20時)7月1日スタート
『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(TBS系、日曜21時)7月4日スタート
『ボクの殺意が恋をした』(日本テレビ系、日曜22時30分)7月4日スタート
『彼女はキレイだった』(関西テレビ・フジテレビ系、火曜21時)7月6日スタート
『刑事7人』(テレビ朝日系、水曜21時)7月7日スタート
『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』(日本テレビ系、水曜22時)7月7日スタート
『緊急取調室』(テレビ朝日系、木曜21時)7月8日スタート
『#家族募集します』(TBS系、金曜22時)7月9日スタート
『ボイスⅡ 110緊急指令室』(日本テレビ系、土曜22時)7月10日スタート
『プロミス・シンデレラ』(TBS系、火曜22時)7月13日スタート
『推しの王子様』(フジテレビ系、木曜22時)7月15日スタート

 12作中7作が7月第1週目までに第1話が放送されますし、それ以外の作品も、深田恭子さんから比嘉愛未さんへの主演交替があった『推しの王子様』以外は、すべて7月2週目以内のスタート。深夜帯に目を向けても、約半数の作品が7月第1週目にスタートするなど、やはり放送開始日が早いのです。

東京オリンピック前に人気を確保

 コロナ禍で春ドラマの撮影がストップし、スケジュールが大幅に乱れた昨夏は例外として、プライム帯で放送された2017~2019年の夏ドラマを振り返ると、2019年の『ノーサイド・ゲーム』(TBS系)以外、すべて2~3週目にスタート。その『ノーサイド・ゲーム』も、9月20日の「ラグビーワールドカップ2019」開幕戦前に最終話を終えようとして7月7日に第1話を放送したという背景がありました。

 また、前期の2021年春ドラマと比べても、4月5日に第1話が放送された『イチケイのカラス』(フジテレビ系)以外は、すべて2~4週目のスタート。つまり、過去の夏ドラマを振り返っても、直前の今春を見ても、今夏ほどスタート日は早くないのです。

関連キーワード

関連記事

トピックス