ライフ

万人の怒りを買うLINEの地雷ワード「忙しくて返信できなかった」など

スタンプ

簡単な返信やスタンプなど、慎重に使わなければならない返信もある

「LINE」は、多種多様なスタンプとともに会話感覚で“メールトーク”が楽しめ、いまや国内で約8800万人が利用している人気のコミュニケーションアプリだ。コロナ禍で人に会えない昨今、利用頻度が増えている読者も多いのではないだろうか。しかし、その気軽さゆえに、言葉選びを間違えると、人間関係にひびが入ることもある。

「LINEは2011年にサービスをスタートしたメッセージツールです。画期的だったのは、相手が読むと“既読”マークがついて通知される点。これにより相手が“見た”と確認できるため、ビジネスでも使われるようになりました」

 そう教えてくれたのは、ビジネスマナー講師の鈴木真理子さん(「」内、以下同)。コロナ禍以降、人と会えない代わりにLINEでのコミュニケーションが増え、その分、トラブル相談も急増したという。

「LINEは、スマホを使ってどこからでも気軽に連絡ができるうえ、リアルな会話を彷彿とさせるチャット方式で表示されるため、相手との距離感が近くなりやすいんです。つまり本音が漏れやすく、誤解を生みやすい。それがトラブルの原因になっています」

 LINEはあくまで“文書”である。会話で交わされる言葉なら、相手の表情やその場の雰囲気なども考慮して笑いで済ませられることも、字面だけで意味を判断するとなると、想定外の印象を与えてしまうことがある。たとえば、「がんばって」という励ましの言葉も、対面で心配そうな顔をしながら伝えるのと、ただ一言、文字で送るのでは、印象が変わり、同じ励ましの言葉なのにもかかわらず、怒りを買うことがある。

スタンプだけは失礼にあたる!

 LINEならではといえる絵文字表現“スタンプ”も誤用すると地雷になるという。

「本来は、会話にユーモアを加えるための表現方法ですが、スタンプだけで返答しては、雑に扱われたと思われますし、また、場違いな絵柄のスタンプを送れば、失礼と受け取られることも。基本的には、立場が上の人には使わない方がいいでしょう」

関連記事

トピックス

小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
プーチン大統領は何もかも秘密…(写真/イタルタス通信=共同)
「プーチン大統領の排泄物番」は出世コース ロシアの国家機密を守る超エリート
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト