国内

下着の色指定&チェックするブラック校則 「内申書あるから我慢」はおかしくないか

ブラック校則は今も各地の公立中学校で現役(イメージ)

ブラック校則は今も各地の公立中学校で現役(イメージ)

 1980年に放送されたテレビドラマ『3年B組金八先生』第2シリーズは、校内暴力が主要テーマとして描かれていた。全国の中学校で問題となっていたからだが、その対策として、生徒のあらゆる在り方を決めて従わせる管理教育が各地で勃興した。だが、目的が不明な規則が多数だったことから社会的批判を集め、それは廃れた……はずだったが、2021年春、体操服の下は肌着禁止という一部地域のブラック校則が全国に知られたことで、妙な進化を遂げた校則が全国に存在すると明らかになった。俳人で著作家の日野百草氏が、「校則」で下着を決める中学校の現在について、JC(女子中学生)の娘を持つ母親に聞いた。

 * * *
「うちの地域も白パンツ指定ですけど、ワンポイントくらいなら大丈夫ですよ」

 のっけから一体何の話か驚くだろうが、なんとこれ、中学生女子の下着の話。筆者と長いつき合いの女性漫画家、kuniママさん(40代・仮名)が電話口で教えてくれた。

「学校にもよるし娘いないと知らないかもですけど、うちの中学はブラとパンツの先生チェックがあるんです」

 てっきり漫画の話かと思ったらリアルの話。kuniママさんはティーンズラブも描いているのでありえない話ではなかったが、なんと中学生になる娘さんのリアルな話。教師の下着チェックなど論外なのは当然だが、ワンポイントとはどういうことか。

「下着は白って決まっているんですけど、うちの中学はワンポイントでリボンとか模様とか、ちょっと入っている分にはオーケーなんです」

 実はこの話、ずいぶん前に打ち合わせ途中のよもやまで聞いたのだが、昨今のいわゆる「ブラック校則」問題を取り上げるべく再度、電話インタビューをお願いした次第である。筆者には子どもがいないため、仕事がら付き合いのあるベテラン女性漫画家やイラストレーターの子育てネタは重宝している。

「厳しい学区だと上下純白みたいですけど、あれ思いっきり透けますね」

 白い服に白の下着は透ける。これはアパレル関係者なら当たり前の話だが、学校関係者の一部はいまだに「白に白は透けないから白」らしい。昔のおじさんが白のワイシャツだからと白のランニングシャツで余計に透けてしまい「月の輪おやじ」と揶揄されたアレみたいなものだ。思春期の女子にすれば恥ずかしいことこの上ない。

関連記事

トピックス

勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
左から元NHK・内藤裕子、元日本テレビ・馬場典子、元テレビ朝日・石井希和、元TBS・竹内香苗、元テレビ東京・亀井京子、元フジテレビ・中村仁美
【全6局「人気女子アナ」同窓会#1】給料、社食…新人時代はクレーム対応も
週刊ポスト
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
中田翔には様々な意見が(時事通信フォト)
巨人・中田翔絶好調で坂本勇人の一塁転向は白紙か 「外野にコンバート」の可能性
NEWSポストセブン
確定申告期間中の東京国税局(時事通信フォト)
「300万円以下の副業は雑所得」案 サラリーマンが看過できないデメリット
NEWSポストセブン
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン