• TOP
  • 国内
  • 就職活動が楽勝だった「丙午」 女子大生は内定20~30社が当たり前

国内

2021.07.12 11:00  女性セブン

就職活動が楽勝だった「丙午」 女子大生は内定20~30社が当たり前

(写真/共同通信社)

バブル時代を象徴する「ボディコン」スタイルに身を包んだ女性たち(写真/1988年、共同通信社)

 日本の出生数のデータを見ていると、1年だけガクッと出生数が減っている年がある。その年とは1966年。「丙午」(ひのえうま)の年だ。丙午は合計60種類ある干支の1つで、順番は43番目にあたる。60年に1度だけめぐってくる干支であり、前回は1966年(昭和41年)だった。もともとは中国で生まれた「丙午の年には天災が多い」という伝承が、日本に伝わるうちに形を変えて、江戸時代に「丙午生まれの女は男を食い殺す」という迷信が生まれたとされる。

 芸能界では、小泉今日子、斉藤由貴、広瀬香美、三田寛子、江角マキコ、国生さゆり、鈴木保奈美らが1966年生まれ。秋篠宮妃紀子さま(54才)も丙午生まれでいらっしゃり、さらには長女の眞子さま(29才)の婚約内定者である小室圭さん(29才)の母親、小室佳代さん(54才)も丙午生まれだ。

 丙午の少女たちが思春期を経て、大人の女性になっていく頃、日本は狂乱の1980年代に突入する。同時に、彼女たちは時代の象徴としてスポットライトを浴び、“チヤホヤされる存在”になった。

 1983年に『オールナイトフジ』(フジテレビ系)が始まり、『CanCam』(小学館)、『JJ』(光文社)などのファッション誌では、女子大生の読者モデルが起用された。一連の「女子大生ブーム」が象徴するように、当時はいまよりは女性の大学進学率が低いものの、4年制大学や短大に進む女性は決して珍しい存在ではなくなってきていた。

「1966年生まれは、いわゆるバブル世代なんです」と語るのは、相模女子大学大学院特任教授でジャーナリストの白河桃子さんだ。

「彼女たちが短大や4大を出て就職する頃、世はバブル景気真っ只中でした。さらに、1986年に男女雇用機会均等法が施行されました。最初の1~2年は企業も様子を見て女性の採用を控えていましたが、その後はまとまった数の女性を総合職で採用するようになった。ちょうどその頃に就職期を迎えた丙午の女性は、空前の売り手市場に直面しました」(白河さん)

関連記事

トピックス