ふだんは弁護士から差し入れてもらった本を読んだり、房内で流れるラジオを聴いたりして過ごしているという。私が被害者への気持ちを尋ねると、千佐子は顔の前で手を左右に振り、突き放す。

「もうね、私は裁判ですっかり悪い人にされとるからね。なんとでも思ってくれたらいいわ。それだけ」

 千佐子はこれまでに、被害者への謝罪をほとんど口にしていない。京都地裁での裁判のなかで、とある被害者へのいまの気持ちを聞かれた際も、次のように答えている。

「申し訳なかったのが50パーセント。やっぱり彼に対して不信感、腹立たしい気持ちが50パーセント。それは複雑です」

 このように、自分の犯行について、相手に非があったかのような物言いを繰り返すのだ。彼女には、物事が自分の思い通りに運ばないことに対して、常に強い被害者意識を抱く傾向がある。私自身も過去の面会時に、大学に進学させてもらえなかったことや、最初の結婚時、嫁ぎ先で夫の親族に蔑まれたことなどの愚痴を幾度も聞かされてきた。常に自分は弱者であるとみなし、相手が悪いとしたうえでの、「ルサンチマン(怨恨・憎悪・嫉妬の感情のうっ積)」が、一連の犯行に繋がっている気がしてならない。

 私はすでに最高裁の判決も出ているのだから、いまならこれまでに話せなかったことを話せるのではないかと口にした。そして、犯行に使用した青酸化合物はどのように入手したのか聞く。

「青酸を手に入れる手腕がないもの。あんな危険なもの。そんなん知りません。私ももう72やからね。それすら忘れてる」

「千佐子さんは72やなくて、74でしょ」

「え、そやった? 私の歳は72で止まったままなんよ。あとね、私の過去は全部消えたんよ。これまであれやこれや、起きたことを書いてたメモを弁護士に渡したからね。それがないと、もうなんも思い出せんの」

 京都地裁での公判や、その判決後に私と繰り返した面会のなかでも、千佐子は記憶の減退を訴えていた。それは最高裁の判決が出ても変わらないようだ。私はもうひとつ、この機会に聞きたいと思っていたことを質問する。

「千佐子さんね、もうこの際だから聞くけど、最初の旦那さんは殺害してないの?」

関連キーワード

関連記事

トピックス

角谷暁子アナ(テレビ東京の公式アナウンサーサイトより)
YouTube動画が100万回再生 テレ東・角谷暁子アナ4月改編で抜擢期待も「超セレブ生活」の不安材料
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
初めての連ドラ主演に熱量を持って臨む福田麻貴が目撃された
本物の涙にこだわり10分間静止 連ドラ初主演「3時のヒロイン」福田麻貴の熱量に現場騒然
NEWSポストセブン
海外では
伊東純也「日本代表からは排除」の一方で「フランスでは活躍」 背景にある“推定無罪”の考え方
女性セブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
【追悼】山本陽子さん、ショックを受けた岡江久美子さんとの別れ 親しい人を相次いで見送り、孤独死対策も考えていた
女性セブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン
(写真/AP/AFLO)
《スターの素顔》真田広之「ヒロって呼んで」「それは呼べません」ハリウッド作品『SHOGUN』で大学後輩に見せた厳かな佇まい
NEWSポストセブン
4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
オーバー70の有名人たちからも人気を集めている大谷翔平
冨士眞奈美、研ナオコ…大谷翔平にドハマりする“オーバー70”たち 尾木ママは開幕戦のプラチナチケットをゲット
女性セブン
宮城野親方
宮城野親方が部屋の消滅危機に! 間垣親方の代行が認められないのは「鳥取城北ルート」を断ち切る意図か
NEWSポストセブン
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン