ライフ

冷房の効いたお部屋で読書でも? 芥川賞・直木賞受賞4作品を紹介

book

李琴峰著『彼岸花が咲く島』

 まだまだ暑いこの季節。冷房の効いた室内で読書を楽しんでみるのもいいのでは? そこで今年7月に発表された芥川賞・直木賞の受賞作4作品を紹介します。

◆芥川賞受賞作

『彼岸花が咲く島』
李琴峰/文藝春秋/1925円

 芥川賞は、清新な才能を言祝ぐ新人賞。今期は対照的な2作が受賞した。例えるなら“美人さんとお転婆さん”。本書は後者だ。南の島に漂着した記憶喪失の少女。助けてくれた島の娘游娜と共にノロを目指す。両者は使用言語が微妙に違う。この設定には日本在住の台湾人として向き合う地政学や、日本のソフトファシズムを憂う心情が見える。喧嘩上手の作家になりそうで、楽しみ。

book

デビュー作にして芥川賞を受賞した『貝に続く場所にて』

『貝に続く場所にて』
石沢麻依/講談社/1540円

 ドイツ留学中の「私」は日本の知人を大学都市ゲッティンゲンで迎える。彼とは津波の日以来会っていない。9年の空白を超え仙台からドイツまでやってきたお盆の霊……。聖女と同じ名のドイツ人女性達との交流、中断した夏目漱石の『夢十夜』の読書会、ふいに顔を出す寺田氏(漱石の弟子寺田寅彦)。表象、象徴、暗喩や寓意。絵の細部を解読する図像学が小説になったような作。

関連記事

トピックス

別宅で暮らし続ける芝翫
【中村芝翫、度重なる不倫騒動】舞台で共演“既婚者の大物女優”と親密だった疑惑、妻・三田寛子の抗議で交際解消か
女性セブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン
笹山なつき容疑者(21)
《プライベートでも悩み》園児切りつけ21才保育士、「明るく元気で弟思い」の彼女が“病み”投稿連発で凶行に至った「家族を支えなきゃ」のプレッシャー
NEWSポストセブン
森香澄
森香澄、高度に作り込まれた“あざといキャラ”でバラエティー評価上昇中 妨げになるのはリアルな“熱愛発覚”
NEWSポストセブン
被害者の平澤俊乃さん、和久井学容疑者
【新宿タワマン刺殺】和久井学被告が接近禁止命令の後も続けていた「ネット・ストーキング」 被害者女性のライブ配信での一言で殺害決意か
週刊ポスト
中村芝翫と三田寛子
「もうインスタの投稿をやめてくれないか」4度目不倫の中村芝翫が妻・三田寛子に呈していた苦言の裏にある「本当の意図」
NEWSポストセブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
並々ならぬ上昇志向でのし上がってきた2人の女傑(写真/共同通信社、時事通信フォト)
小池百合子氏vs蓮舫氏「似た者同士の東京都知事選」 元都知事、元副知事、元側近ら“蹴落とされた男たち”が語る2人の「怖さ」と「権力欲」
週刊ポスト
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
草葉の陰で何を思うか
小澤征爾さん「お別れ会」に長男・小澤征悦と妻・桑子真帆アナは参加せず 遺産管理を巡り実姉との間に深い溝
女性セブン
9年ぶりにドラマ出演をはたした吹石一恵(時事通信フォト)
吹石一恵、9年ぶりドラマ出演で「ビキニ写真集」が売り切れに 本格復帰ならさらに高騰か
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 小池百合子vs蓮舫「ものすごい権力欲」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 小池百合子vs蓮舫「ものすごい権力欲」ほか
NEWSポストセブン