芸能

薬丸裕英が明かすジャニーさん秘話「陰でほめられていたらしい」

ジャニ―さんとの思い出を語る

ジャニーズ入所のきっかけから子育ての方針などについて語った

 ジャニーズ所属アイドルとして芸能界に入り、巧みな話術と、その人柄でいまや日本を代表するタレントとなった薬丸裕英(55才)。コラムニストで放送作家の山田美保子さんが、デビュー当時からコロナ禍による別れ、家族との絆まで、くわしく聞いた。

 * * *

全然踊れなかったのにオーディションに合格

山田:先日、堀ちえみチャン(54才)と対談させていただいたら、ヤックンと石川秀美チャン(55才)がゴールインしたのは、ちえみチャンの家でのホームパーティーの帰り、「送っていってあげてね」と言った「私のおかげだと思う」と。

薬丸:いやいやいや、それはたぶん、記憶違いですね。だって、あの頃はみんな、一緒に撮られることを恐れていたし、ぼくらは彼女たちの男性ファンから疎ましく思われていたから、バラバラに帰っていましたよ。人の記憶って、けっこう不確かですよ。ウチ(シブがき隊)の解散だって布川(敏和サン・56才)と本木(雅弘サン・55才)は違う理由を言ってますから(笑い)。まぁぼくはあえて語らずに棺おけまで持っていこうと思ってるんですけどね。

山田:シブがき隊って活動期間は短くて、わずか6年なんですよね。

薬丸:短いんです。ジャニーズでいうとV6は26年も同じメンバーで続けてきた……、すごいことですよ。後輩たちにしても、踊りのクオリティーとか、やる気とか、仕事に対する姿勢とか素晴らしいですよね。ぼくなんかが「ジャニーズ出身」と語るのは本当に申し訳ないです。

山田:いえいえ、大人気でしたよ。あらためて入所のきっかけを教えていただけますか?

薬丸:はい、小学館が出していた『マイアイドル』でも何度も語りましたけど(苦笑)、「あなたも、たのきんトリオ(田原俊彦サン・60才、近藤真彦サン・57才、野村義男サン・56才)のバックで踊りませんか?」という広告を見た地元の友達が応募し、書類審査で合格して「ひとりは嫌だからつきあって」と言われてついて行ったのがぼくなんです。

山田:実は私、高1のとき、ジャニーズJr.の追っかけだったんですよ。

薬丸:え? その頃、もう「ジャニーズJr.」って名乗ってましたか?

 ぼくら、最初にジャニー(喜多川)さん(享年87才)に会いにTBSまで行ったとき、たのきんトリオの出待ちをしていたファンのかたたちから、「あんたたち、ジャニっ子?」って聞かれたんですよ。そもそも、そんなに大勢の女性ファンを見たのも初めてだったし、「いや、違います」と言うしかなかった。

関連記事

トピックス

小室眞子さん
小室圭さんの妻・眞子さん「7円エコバッグ」と「5000円クロックス」の赤コーデがオシャレ
NEWSポストセブン
2文字目はハートマークで消したが自由なタトゥーを楽しむ仲里依紗
仲里依紗は”放送禁止ワード”など20種類以上!日本人だけが動揺する芸能人のタトゥー問題
NEWSポストセブン
“お忍び愛”が報じられた佳子さま(時事通信フォト)
佳子さまの“交際報道”で早くも懸念される「結婚式に小室圭さんは出席するのか」問題
週刊ポスト
高橋治之元理事と森喜朗氏の関係は…(写真/共同通信社)
「五輪汚職」で逮捕の高橋治之元理事と“安部派の後見人”森喜朗氏の知られざる蜜月
週刊ポスト
大野が進める計画とは(写真はジャニーズ事務所)
嵐、2023年以降に大きな動きも? 大野智の意向を尊重しつつあらゆる可能性を模索か
女性セブン
パーティー参加後の笑顔の森昌文氏(写真は2007年)
【全文公開】キャバ嬢に「脱げ!脱げ!脱げ!」 安倍氏国葬責任者、森昌文・首相補佐官が過去に参加した「大仁田厚主催の乱倫パーティ」
週刊ポスト
ダウンタウン6年ぶりの日テレ新特番となった『ダウンタウンvsZ世代』(公式サイトより)
特番『ダウンタウンvsZ世代』高視聴率に業界が注目するワケ テレビ離れ阻止のヒントも
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
パパ活飲酒の吉川赳議員、18歳女子大生が明かした「インターン」での口説きテク
週刊ポスト
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
かつての旧統一教会系の学生団体「UNITE」のデモ(撮影/西谷格氏)
東大生の旧統一教会2世信者が語っていた「検討した結果、家庭連合は間違っていないと確信」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 「安倍国葬」の責任者が乱交パーティほか
「週刊ポスト」本日発売! 「安倍国葬」の責任者が乱交パーティほか
NEWSポストセブン