ライフ

安藤優子さん 佐藤愛子さんの「最後のエッセイ集」に向けた手紙

佐藤愛子さん

最後のエッセイ集を上梓した佐藤愛子さん

 ベストセラー『九十歳。何がめでたい』から丸5年。佐藤愛子さんの最新&最後のエッセイ集『九十八歳。戦いやまず日は暮れず』が8月6日に刊行された。ニュースキャスター、ジャーナリストの安藤優子さんが、佐藤さんへのお手紙の形式で、この『九十八歳。戦いやまず日は暮れず』について綴る。

 * * *
 佐藤愛子さま、すっかりご無沙汰をしています。

『九十歳。何がめでたい』で、こんな痛快な生き方があるのかと目を丸くしながら、泣いて、大笑いして、そのご縁で先生に懇願し、私が担当していたテレビ番組に出ていただきました。

 あの時、お願いする段階からコチコチになっていた私は、北海道の別荘にいらっしゃる先生に息をつめながら電話をして、自分ではできるだけ平身低頭の体で、長々と番組の趣旨などを話させていただきました。今回のエッセイ集『九十八歳。戦いやまず日は暮れず』を読んで、あの長電話がどれほど先生にとって苦痛であったか……。きっと「アンタ、もっと端的に!」と怒鳴りたいのをこらえていらしたのですね。

 ほんとうに、すいませんでした。

 にもかかわらず、先生はお孫さんと共にインタビューのためにスタジオにいらしてくれて、テレビの常である、20分のコーナーなのに1時間半もかかった収録にお付き合いくださいました。きっとあの時も、「早よせんかい!」と一喝されたかったにちがいありません。

 正直、私も収録が長く気が気ではなく、やたら追加質問をとねばるディレクター嬢に、薄目で首を横に振り、「早よ終わりにせんかい!」と合図を送り続けたのでしたが。まさに、先生をヘトヘトにさせてしまい、ほんとうに、すいませんでした。

関連記事

トピックス