芸能

福田沙紀と入江悠監督が語る 自主映画で「一歩を踏み出す」意義

『シュシュシュの娘』より(2021年8月21日〜渋谷ユーロスペース他にて順次公開) 制作プロダクション・配給:コギトワークス (c) Yu Irie & cogitoworks Ltd.

『シュシュシュの娘』より(2021年8月21日〜渋谷ユーロスペース他にて順次公開) 制作プロダクション・配給:コギトワークス (c) Yu Irie & cogitoworks Ltd.

「ミニシアターを応援するというのはもちろん企画趣旨としてはあるんですが、それと映画の内容自体はほとんど関係ないんですよね。ミニシアターの中で起きる恋模様を描いたり、あるいは人生前向きに頑張ろうみたいなメッセージを込めたり、そういうことは恥ずかしくてやりたくなかった(笑)。

 僕らとしては純粋に面白い映画を作ることがミニシアターの応援になると思いました。映画館で見た時にあるサプライズに出くわすような。それでお客さんが映画を観る前と違う気持ちでミニシアターを出て行ってくれれば、それが応援になるかなという気がしています」(入江監督)

 入江監督が続ける。

「韓国映画もそうですし、特にハリウッド映画はそうだと思いますけど、少し前にあった事柄をちゃんとフィクションとして面白く提示するということをやっていて。そこに対する映画人のエネルギーや知性をすごく感じます。その点では日本映画は遅れているなと思ってしまいますね。

 ただ、もちろんすべてがダメなわけではないです。例えば僕の好きな映画監督の岡本喜八監督が1967年に『日本のいちばん長い日』という終戦の日をテーマにした映画を作っていて。原作のノンフィクション書籍もありますけど、やっぱり映画だと生きた俳優さんが演じて見せてくれるので、追体験できるというか。そういうのも映画を観る楽しさの一つですね」

新作自主映画は“一歩踏み出す主人公の話”

 これまで商業映画やテレビドラマの世界で活躍してきた福田沙紀は、入江監督がミニシアターを支援するために立ち上げた今回の企画で初めて自主映画に挑戦。そこでの経験には「救われた部分があった」ともいう。

関連記事

トピックス