芸能

綾瀬はるかコロナ陽性で緊急入院していた「中等症で肺に白い影」

夜の街を歩く綾瀬はるかを目撃

夜の街を歩く綾瀬はるかを目撃

 綾瀬はるか(36才)が、新型コロナウイルスに感染し、都内の大学病院に入院していることがわかった。

 発症したのは8月中旬(※文末追記参照)で肺炎の症状などが見られたため、緊急入院。中等症と見られる。芸能関係者が明かす。

「8月20日頃から入院していたようです。当初は肺に白い影ができるほどで呼吸もしづらかった。かなり心配されていましたが、今は容体も落ち着き始めているようです。今週中には退院できる見込みだと聞いています」

 綾瀬はこの9月から、東映70周年を記念して制作される映画で主演の木村拓哉(48才)と共演することが決まっていた。

 気になるワクチンについては未接種だったという。

「この夏は映画の撮影など仕事が立て込んでいたこともあり、副反応の影響を考えて接種の時期は9月を想定していたようです。その矢先に感染してしまった。もちろん感染には最大限気をつけていたようですが……」(前出・芸能関係者)

 一日も早い快復が待たれる。

【※19時55分追記:本記事公開後に所属事務所が綾瀬入院の経緯を発表。それによると綾瀬は20日に発熱し、翌21日にPCR検査を受けたものの陰性だった。26日にあらためて抗原検査を受けたところ陽性反応が出て自宅療養を続けたが、肺炎の症状が出たため都内病院に入院。現在は回復に向かっているという】

関連キーワード

関連記事

トピックス