芸能

綾瀬はるかの資産が狙われたか 母が巻き込まれた1億円投資トラブルの一部始終

綾瀬はるかを目撃

綾瀬はるかを目撃

 女優・綾瀬はるか(36才)の家族が、巨額の投資トラブルに巻き込まれた──。騒動が起きたのは、綾瀬の故郷の広島。出資者の多くは60代以上の高齢者で、老後資金をつぎ込んでいたため、彼らは大きな不安に駆られており、その“被害者”の中に綾瀬の母親も含まれていた。

 新型コロナウイルスに感染し、現在は快復に向かっているという綾瀬だが、心中穏やかでない日々が続いている。

「8月下旬から肺炎の症状が出始めたため緊急入院。当初は肺に白い影が出て呼吸がしづらかったようです。病状は落ち着きましたが、油断できません。いまでも肺が真っ白になったり、激しい頭痛に見舞われたりするようですから。医師からは、後遺症が半年以上続く恐れがあるとも言われているそうです」(綾瀬の知人)

 この夏、綾瀬は映画の撮影などが立て込んだ。副反応が仕事に影響することを避けるため、ワクチンの接種は9月を予定していた。だが、その前に感染してしまった。

 綾瀬はいまや、日本を代表するトップ女優だ。CM契約する企業はユニクロ、コカ・コーラ、NTTドコモなど大手9社で、そのうち5社は東京オリンピック・パラリンピックのスポンサーとして名を連ねた。東京五輪の“アイコン”としても輝いた彼女はドラマの視聴率女王でもあり、この秋には木村拓哉(48才)と10年ぶりに共演する映画の撮影が予定されている。

 綾瀬の前に立ちはだかったコロナだが、実はその直前にも深く心を痛める出来事があった。コロナ感染から遡ること1か月、彼女は巨額投資トラブルに巻き込まれていた。騒動の舞台となってしまったのは、綾瀬の個人事務所だ。社名に亡き父の思いが込められた、大切な会社だ。

「綾瀬さんは2019年6月にお父さんを肺がんで亡くしました。父親思いの彼女は忙しい日々の合間を縫って、治療に付き添っていました。その間、病床のお父さんと今後のことを話し合っていて、個人事務所の設立を決めたんです。社名も父娘で相談して決めたそうです」(芸能関係者)

 愛する父の死から5か月後、綾瀬は個人事務所を設立。代表取締役に綾瀬の母が就任し、綾瀬と兄が取締役となった。

「綾瀬さんのCMのギャラは、芸能界でも最高クラスで、1本5000万~7000万円ともいわれています。所属事務所のホリプロは給料制ですが、CMのギャラなどはインセンティブとして別枠で入る。近年の彼女の年収は、3億円はくだらないとされます。

 収入の多い芸能人は個人事務所を立ち上げて、出演料などを会社の収入として受け取り、その会社から給料をもらうかたちで節税をします。綾瀬さんの個人事務所も、こうした節税対策がメインのはずです」(テレビ局関係者)

 父が娘の将来を慮った個人事務所が、巨額の投資トラブルに巻き込まれたのは皮肉というしかない。しかも騒動は綾瀬家だけではなく、綾瀬の故郷・広島の高齢者を巻き込んだ大規模なものだった。

関連記事

トピックス

自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本気なのか(時事通信フォト)
アンジャッシュ渡部建、復活の兆し 芸人仲間の「いじりネタ」とグルメキャラで浮上か
NEWSポストセブン
本田圭佑監督か
サッカー日本代表「次の監督は本田圭佑」に期待する声 実現への“最大の壁”は
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン