芸能

コムドット、ワタナベマホト…YouTuberの不祥事が頻発する背景

配信は続いている(写真はYouTubeより)

配信は続いている(写真はYouTubeより)

 芸能界と比較して、YouTuberは私生活まで気をつけなくても問題ない環境に身を置いている。そう指摘するのは、ITジャーナリストの井上トシユキ氏だ。

「芸能人は何か不祥事を起こしたら、CMの違約金など莫大な損害が発生します。しかし、YouTuberは炎上や不祥事が大したデメリットになりません。

 かつてヒカルは『VALU』の“売り逃げ”騒動で無期限活動休止しましたが、数カ月で復帰し、現在は宮迫博之さんの後見人のようなポジションです。また、迷惑系YouTuberの代表格だったへずまりゅうは初公判で号泣謝罪したくせにネットに出戻り、いまやコムドットの騒音トラブルに物申すなど御意見番気取りです。

 つまりYouTuberはスポンサー契約などに縛られておらず、炎上後もやり方次第でいくらでもステップアップが可能なのです。こんな環境では、『私生活にも注意しよう』という意識は持てませんよね。炎上が致命傷にならないことに気づいているから、一部のYouTuberはやりたい放題なのでしょう」

「やりたい放題」が通用する環境になってしまっている以上、今後もYouTuber絡みの不祥事は続きそうだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス