国内

福田達夫・新総務会長 “盟友”小泉進次郎氏と明暗、3代目の総理も

福田達夫氏は有力ポストに就いたが

福田達夫氏は有力ポストに就いたが…(時事通信フォト)

 岸田文雄・新総裁のもと、自民党三役の顔ぶれが揃った。岸田氏の選対顧問を務めた甘利明氏が幹事長、総裁選3位と健闘した高市早苗氏が政調会長になったのは順当だが、54歳で当選わずか3回の福田達夫氏が総務会長に抜擢されたのはサプライズ人事だった。

 福田氏は今回の総裁選で、派閥横断の若手議員約90人を集めて「党風一新の会」を結成し代表世話人についた。派閥に囚われない自主投票を訴え、河野太郎氏が出馬表明した9月10日の夜にオンラインで設立総会を開いたことから、当初は「河野支持でまとまる若手の中心になるのではないか」と見られていた。

 ところが、フタを開けてみれば議員票では岸田氏が河野氏を圧倒。福田氏は総裁選後に「派閥の力ではなかったと理解している。個々の議員がそれぞれ支援する候補者のために働いた」と述べたうえで、自身は岸田氏に投票したと明かした。「一番初めに名乗りを上げ、改革を挙げた。支えがいがある」とその理由を語ったが、福田氏こそ岸田氏圧勝の流れをつくった功労者だと自民党関係者は見る。

「実は福田氏は、総裁選の数日前には『党風一新の会』メンバーや関係者に岸田氏を支持すると伝えていた。これにより、当初は河野氏支持に傾いていた若手議員が一気に岸田氏支持に雪崩を打った。福田氏がはじめからその展開を意識していたかどうかは分かりませんが、結果として福田氏は、河野氏がもっとも期待していた若手議員票を引き剥がすことに成功した。今回の総務会長人事はその論功行賞でしょう。人望と戦略性を兼ね備えた政治家だと、党内での評価も高まっています」

 福田達夫氏は第67代首相の福田赳夫氏を祖父、第91代首相の福田康夫氏を父に持つ政界のサラブレッドだ。しかし自民党内では、同じく総理経験者である小泉純一郎氏を父に持つ進次郎氏に光が当たる一方、達夫氏は目立たない存在とみられてきた。

関連記事

トピックス